スタッフブログ

2019/04/19

失敗の許されないリノベーション。建築家による現場の構造確認が重要です。

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォーム 住まいの体感モールの吉田です。

今日は、築50年程の木造住宅について一部解体して構造確認する作業に来ています。

普段見えない構造の部分を露わにし

・柱が抜けるか

・抜いた場合の梁の補強

・増築した部分の接合状況確認

・給排水など配管経路が確保できるか

など、検証し、打合せを重ね、具体的にしていきます。

下記は社内建築家の末岡が隈なく構造を確認している様子です。

構造材(柱や梁など)の大きさを確認し、耐震補強についても考察しています。

「安全の上に”安心で快適な暮らし”がある」

この気持ちをもって『住まいづくり』を進めています。

「分断されている部屋をつなげて広く使いたい」

「廊下をなくして、直接、洗面脱衣室に行けるようにしたい」

「和室を板間にしてリビングとつなげたい」

間取り変更を伴うリノベーションは耐震性と断熱性の検討が不可欠となります。

リノベーションのこと、リフォームのことで気になる事ございましたら、無垢スタイルのリノベリフォームまでご相談ください。

『快適な暮らし』をお約束いたします。

2019/03/05

リノベーションの品質を左右する大工さんの精密なこだわり

こんにちは

無垢スタイルリフォーム設計室のジョージです。

今回は中古住宅を購入してリノベーションされるA様についてのお話です。

1月に始まった工事も大工さんの作業がかなり進み、住まいのカタチが見えるようになってきました。

今回のA様の工事では壁を撤去して柱を抜くような箇所も発生します。

事前に耐震計算を行い構造上の検討を行うのですが、リノベーションの場合は実際に解体してみないと分からない部分もありますので、解体後に現場に足を運び大工さんと打合せをした上で、最終的な補強方法を決めていきます。

打合せをしながら大工さんの作業を横で見させて頂きましたが、寸分の狂いもなく木材を加工して造り上げていく様子を見て、改めて職人さんの凄さを肌で感じる事が出来ました!

A様とも現地で打合せをさせて頂きましたが、完成をとても楽しみにして下さっている様子でした!

職人さんと共に無垢スタイルスタッフ一同、心を込めて対応して参ります。

安心してしっかりとした工事を任せたいとご希望の方は、無垢スタイルのリフォームまでお気軽にお問合せ下さい。

2019/02/09

立派な梁を大胆に見せたK様邸のリノベーション

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォーム 設計室の千葉です。

構造部材のひとつである梁。

住宅では天井をすっきりと見せるため天井を張り隠すことが多いのですが、

今回は梁を見せたまま天井を仕上げたK様邸リノベーションをご紹介致します。

▼K様邸の天井をおとすと立派な梁がありました。

元々天井裏にある梁は、見せることを目的にしていない場合が多いので、見栄えの良くないものが多いです。

今では手に入らないような太い梁、美しい節や湾曲のみられる独特な梁は見せる価値も十分にあるので

昔の古民家のような空間を演出する場合に梁柱の現しは有効です。

▼照明計画も行い、梁も美しく仕上げ、完成です。

天井の形や仕上げはインテリアや空間の雰囲気に大きく影響します。

天井の高さが確保できると住まい全体に明るさをもたらしてくれるので開放感もより大きなものになります。

K様、完成おめでとうございます。

素敵に生まれ変わったお住まいで快適に毎日素敵に過ごされることを願っております。

末永く宜しくお願い致します。

スタッフブログ年別アーカイブ

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談