スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

2018/10/19

珪藻土を使った壁のリフォームで和モダンの和室に大変身!

こんにちは

無垢スタイルのリフォームのRYOです。

古くなった和室を変えてみたいと思ったことはありませんか?

今日は和室を珪藻土で蘇らせた さいたま市 A様のリフォームをご紹介させていただきます。

A様のお家の和室の壁材は京壁という仕上げ材でした。

珪藻土を塗るためには、まず既存の京壁を掻き落として平らにしていきます。

その上に珪藻土を塗って仕上げていきます。

今回は、一面赤色のアクセント色を使い、モダンな雰囲気を醸し出す和室にリフォームさせていただきました。

A様のように和室をかっこよくお洒落にリフォームしたい方は、お気軽に無垢スタイルのリフォームまでお問い合わせください。

2018/10/18

伐採する前にお清めで感謝の気持ちを伝えましょう

こんにちは

無垢スタイル建築設計 外構グリーン事業部の清水です。

内装リフォームと外構リフォームをご依頼頂きましたお客様の工事がスタートしました。

リフォーム工事前に玄関前に聳え立っているシュロとキンモクセイ、ビワノキを伐採致しました。

伐採を行う前には、『今までありがとうございました』と感謝の気持ちを込めて一本一本、お酒とお塩でお清めしてから作業スタート致します。

高さのある大きな木でしたので、足場を組んで枝を順番に落としていきました。

新しくなったお庭に移植する木もありますが、伐採した樹木たちには感謝の気持ちを伝えることが大切です。

2018/10/16

シックで存在感のあるかっこいいLIXILのトイレ

こんにちは

無垢スタイルのリフォームの立石です!

今日はちょっと変わったデザインのトイレをご紹介します。

はじめて見た時、「なんだ、このトイレ?」「茶色?」と思わず口に出てしまいました。

興味が沸いたので調べてみました。

この茶色は「フランスの伝統的な色合い」らしいです。

LIXIL サティス 『ノーブルレーベル』
サティスGタイプ ノーブルトープ
https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/concept/

色もそうですが、注目されるべきはLIXILが打ち出す「100年クリーン」とう技術。

「本当に100年持つの??」と、ツッコミを飛ばしたくなるものですが、

1日2往復のお掃除ブラシで365日 7万回=100年相当だとのことです。 

清掃による傷、細菌の繁殖、汚物の付着、水垢の付着

トイレの開発には、大きくこの4つの項目が難関といわれていて、ツルツルの表面を作ったとしても、水垢がついてザラザラになる。

水道水に含まれるシリカというものが邪魔をするそうです。

撥水性を作ると、今度は汚物が付着してしまう。確かに悩ましいですね。

この「アクアセラミック」という技術は、

陶器本来の持つ親水性の課題になる水垢の付着に対してFRP(繊維強化プラスティック)を導入したものらしいです。

ここまで調べてみると、もともと純度の高いガラス層の陶器時技術を持ち、さらに釉薬の力で表面に0.2mmのガラス層をつくるTOTOの「セフィオンテクト」との比較も気になりますね。

たしか、この技術も100年持つという設計だったはず。

TOTO「生誕100周年」の前年に出てきた、LIXILの「100年クリーン」。

プロモーションの力もついつい推測してしまいますが。

各社の技術力について、きちんと勉強し直すと面白いですね。いい機会になりました。

2018/10/15

世界にひとつだけのこだわり洗面台をつくってみませんか?

みなさんこんにちは。

無垢スタイルのリフォームの丹波です。

みなさまのご自宅の洗面台はどのような洗面台になりますか?

メーカーさんが企画した既製品になりますか?

それともちょっと変わった個性的な洗面台ですか?

同じ洗面台でも様々なデザインやメーカーなどございますよね。

ほとんどの方のご自宅の洗面台は住宅設備メーカーのものが多いのではないでしょうか。

下の写真は、無垢スタイルのリフォームで造作した世界にひとつだけのオリジナル洗面台です。

このように好きな色や形を組み合わせてできるのが造作洗面台になります。

自分だけの洗面台が欲しいか方やおしゃれな洗面台が好きという方、ぜひ無垢スタイルのリフォームまでご相談ください!

あなただけの世界にひとつの洗面台をつくってみませんか。

2018/10/14

大切な思い出の木材パネルを再利用したリノベーション

こんにちは

無垢スタイルのリフォーム 無垢スタジオヴィラ店の吉田です。

本日、竣工検査の立会いで引渡し間近のお客様宅へお伺いしています。

リノベーション前の間取りが思い出せないくらいのリノベーションっぶりです

その中でも一際目立つのが、家族が集うリビングのアクセントパネル。

テレビボードの背面にあたるこの部分。

これ実は、リノベ前の居間、そして玄関に施されていた木質パネルなんです。

1枚1枚丁寧にはがして再利用いたしました。

ほんのすこしのエッセンスで、リノベ前の家が思い出されます。

新しい住まい、新しい暮らし、でも思い出が詰まっている。

そんなリノベーションをご検討のた方は、ぜひ無垢スタイルのリフォームへご相談ください。

スタッフブログ年別アーカイブ

さいたま市見沼区K様の無垢の家 完成見学会

11/3 リノベーション見学バスツアー

リノベ・リフォーム祭 in ワッツ東館

リノベ・リフォーム祭 in イオン大宮西

失敗しないための外壁塗り替えセミナー

医学と建築の観点から考えるセミナー&シンポジウム

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談