スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

2018/02/19

さいたま市 S様のスケルトンリノベーション 【大工工事・完成編】

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 リフォーム部の野口です。

前回の【解体・補強編】に引き続き、スケルトンリノベーションの完成までをご紹介させて頂きます。

▷さいたま市 S様のスケルトンリノベーション 【解体・補強編】

解体・補強が終わり、大工工事に突入します。

まず、壁・天井・床を施工していきます。

大工さんの工事が完了しましたら、お客様立ち合いで、再度チェックをしていきます。

図面をもとにカウンターの位置や壁やドアの位置を確認していきます。

これを木工時完了検査と言い、下地工事が終わった時点で行います。

同時進行で、屋根・外壁・バルコニーの工事も進めます。

バルコニーの仕上げ塗装が終わり、外部は完成です。

見える景色はすっかり冬模様に変わっています。

木完検査でOKが出ましたら、いよいよ内装工事がはじまります。

まずは、丁寧に下地処理していきます。

パテをして、壁紙を張る表面を平らにします。

内装工事が完了しましたら、トイレ・洗面台・照明器具・建具を取り付けていきます。

あともう少しです。

およそ4か月間のフルリノベーション。

外が寒くても、少しの暖房で、すぐにお部屋が温まる快適な空間に仕上がりました。

新しく生まれ変わったおうちで、新しい思い出をたくさんつくっていただければと思います。

無垢スタイルは、工事完了してからが本当のお付き合いです。

10年間の保証期間の他に、6ヶ月に一度の定期点検を実施します。

お困りごとがあれば、すぐに駆け付けます。

リノベーション・増改築のご相談は無垢スタイルのリフォームまでお気軽にお問い合わせ下さい。

▷さいたま市 S様のスケルトンリノベーション 【解体・補強編】

2018/02/18

さいたま市 S様のスケルトンリノベーション 【解体・補強編】

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 リフォーム部の野口です。

お客様のお宅でリノベーションを行わせていただきました。

先日、お引渡しをさせて頂きましたので、昨年夏からの改装工事の様子のご案内をさせて頂きます。

長年定期的なメンテナンスをされ大切にされていたため、築41年の建物でしたが、歪みもほとんどなく、ひび割れ・蟻害もほぼない建物でしたので、リノベーションのご計画で進めさせていただきました。

外構の樹木を剪定・伐採しまして、建物本体の解体工事がはじまります。

内部の壁や住設を撤去し既存の断熱材も剝がし、建物の骨組みである躯体のみを現します。

ここで、解体前は見えなかった壁や天井の中の構造の全容が現れてきます。

柱・梁・土台既存を残しながら、補強工事を行い改装工事を進めました。

足場を立てて、屋根・外壁の撤去解体工事を進めていきます。

屋根瓦をはがすと、鳥の巣らしき跡がいくつも残っていました。

普段見ることが無い、瓦屋根。剝がしてみないとわからない事もあります。

骨組みのみの状態まで解体工事を進めていきます。

床下や水道管・排水管が全部見える状態になりました。

解体が完了しますと、屋根下地・柱補強・梁補強工事がスタートします。

補強方法がリノベーションの場合、少し複雑になりますが、ここからは、新築の上棟が終わった状態と同じです。

新しい梁や梁で補強し、どんどん生まれ変わっていきます。

外壁面には、構造用のパネルを全面に施工し、建物の耐震性UPの工事を行います。

柱・梁・土台・基礎をつなげる金物の取付もしっかり行っていきます。

間仕切壁や床が造作され、窓も設置されると、何となく空間が分かれて部屋が見えてきます。

この段階で、実際に現地にお客様と電気スイッチやコンセント・照明の位置や数を計画図面と比較しながら確認していく検査が入ります。念入りに確認していきます。

確認が出来ましたら、次の工程です。

今回は、外壁部分・屋根部分に発泡ウレタンフォームの吹付断熱をしました。

高気密の泡が隙間なく吹付され膨らんで硬化するため、断熱気密性がUPします。

このあとに、大工さんの工事が再スタートします。

家の骨格と言われる部分をしっかり補強し、機能的にも生まれ変わらせます。

この続きは、次回の 【外装・内装工事〜完成編】でご案内させていただきます。

快適・安心のリノベーションのことは無垢スタイルのリフォームまで、お気軽にお問い合わせ下さい。

▷さいたま市 S様のスケルトンリノベーション 【大工工事・完成編】

2018/02/17

手作りのアクリルプレートで店舗看板がデザイン照明に大変身!

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 リフォーム部の菊地です。

建物の用途を変更しリフォームで再生させることをコンバージョンと言います。

以前、このブログで紹介した店舗から事務所にコンバージョンしたビル。

店舗の名前が入った看板がそのまま残っていたので新しいものにして欲しいとご依頼を受けました。

透明なアクリル板にウィンドウフィルムシールを貼っていきます。

この他にも様々な柄があり貼るだけでとてもお洒落に見えます。

内側から照明が当たるので実際に試してみました。

完成です。

今回は、店舗の看板として使用させて頂きましたが、戸建てなどの一般住居の窓に使用してみてはいかがでしょうか?

無垢スタイルのリフォームは、こだわりの住まいを実現するリフォームをご提案致します。

もっとこだわりのある住まいにしたい方は、まず無垢スタイルのリフォームまでご相談ください!

2018/02/16

外壁塗装リフォームでイメージチェンジ!

こんにちは、

無垢スタイル建築設計 リフォーム部のRYOです。

今回は雨漏れがしているというお話しで、外壁塗装、雨樋、屋根工事を行わせて頂きました。

「足場を組むなら一度に出来る事を。」ということでまとめてリフォームをさせて頂きました。

まとめて行うことで、後でそれぞれを行うよりも費用を抑えることができます。

色はガラッと変えて、落ち着いた色に。

無垢スタイルのリフォームでは雨漏れ診断・耐震診断・住宅診断も無料で行っております。

もちろんそれぞれの資格を持ったプロが行います。

お住まいで気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

2018/02/15

自然素材にこだわったリビングリフォーム

こんにちは、

無垢スタイル建築設計 リフォーム部の立石です。

さいたま市見沼区のO様邸の改装工事が完成しました!

青森県ヒバ材をふんだんに使ったご自宅のリフォーム。

今回のテーマは耐震性の向上と、寒さの解消、そして、使い勝手の良いキッチンを作ることです。

この完成写真の艶やかなフローリングはもともとの床材で、明るい色をしたところが今回新しく張ったヒバ材のフローリングです。

ちょうど畳だったところが白っぽく見えますよね。

今回は床材だけではなく建具枠とキッチンカウンターもヒバ、天井の梁の部分にもヒバ材を加工して張り付けています。

そして、巾木と廻縁は杉材を使いこだわりぬいたリフォームになりました。

自然の木材の風合いを引き立てるために、周りの壁や天井は白調で統一。

古き良きものと新しいものが調和したリビングは、また木の香りも格別です。

O様のように、自然素材にこだわり抜いたリフォームをしたい方は、無垢スタイルのリフォームまでご相談ください!

スタッフブログ年別アーカイブ

ショールームでリノベーションを体感&相談

180分のリノベーション見学弾丸ツアー

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談