スタッフブログ

2017/09/14

浴槽の手すりはどんな形がいいの?

こんにちは

無垢スタイルのリフォームの野田です。

今回は、バリアフリーリフォームの手すりについての第二弾です。

介護が必要になったり、

将来的な準備として浴室に手すりを検討される方への情報です。

似たような浴槽の写真ですが手すりが付いている場所や形が少しづつ違います。

お体の大きさ、体調などによりどこの高さに手すりがあれば力が入りやすいのか。

浴槽内では水圧が掛かっているので、体を起こしたり、水面から体を出す時には結構力が必要です。

筋肉や筋を痛めることなく、筋力の衰えなども考慮し安全で安心して入浴できる位置を決めたいですね。

もう一つ 浴槽内の腰掛に座って腰湯が楽しめるタイプも増えていますが、

大きな湯船で体の小さな方、力の弱い高齢者などお身体がずるっと沈んでしまうことがあります。

そんな時にこの一段高い腰掛に足底を当て、お身体を安定させるのもよいと思います。

安心して暮らす方法をいろいろ試しながら見つけていくお手伝いがさせて頂ければと思います。

無垢スタイルの住まいの体感モールでお待ちしております。

▼無垢スタイルの「住まいの体感モール」はこちら

https://ssl.muku.co.jp/sumai_mall/

2017/08/25

使いやすく快適なバリアフリートイレのポイント

こんにちは、

『無垢スタイルのリフォーム』の野田です。

今回は、出来る事なら最後まで自分で行きたいトイレについてお話しさせていただきます。

住まいの体感モールのバリアフリコーナーには、体感できる広さの異なるトイレ空間を3種類ご用意しております。

歩くことが、少しつらくなっても、歩行器や杖、もしくは室内用車いすなどを活用して、自分らしく暮らし続ける事が出来ます。

そんな時に気づくのが、トイレが比較的狭い空間だという事。

トイレへの入り口、車いすから便座への座り替え、トイレから車いすで出る際の大変さ。

このような、状況になってみなければ解らない事をいろいろと体感していただける空間です。

お体の状況や、不安な点などに対応できるご提案をさせていただければと思います。

最後までご自宅で自分らしく暮らし続けるヒントを見つけていただける

住まいの体感モールとなっていますので、ぜひお越しくださいませ。

もちろん現場調査・お見積もりは無料です。

トイレのバリアフリーをご検討の方は無垢スタイルのリフォームまでお問い合わせください。

2017/08/19

車椅子での外出が楽になる玄関スロープの施工

こんにちは。

リフォームの山本です。

今回、外構のリフォームをさせていただきましたのでご紹介させていただきます。

お施主様のご希望は車椅子でも生活できるようにしたい。

車椅子で生活しているご主人様が出入りに困らないようなリフォームということで

玄関スロープを施工しました。

もともとは砂利でしたが、車のスペースと車椅子用にスロープを作り

奥様の力でも車椅子で押せるような勾配でつくりました。

落下防止の為、手すりやブロックを積んで

安全に移動できるように作ってもらいました。

外構リフォームもぜひ無垢スタイルのリフォームへお問合せください。

スタッフブログ年別アーカイブ

リノベーション・リフォーム相談会

リノベーション見学バスツアー

外壁塗装の不安を解消する相談会

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談