スタッフブログ

2017/08/18

お客様に安心していただくための丁寧なリフォーム工事

こんにちは、

無垢スタイルリフォームの野田です。

よくお客様に質問されるのが、

「住みながらリフォームする場合、リフォームしない場所は安全なの?」

というご心配ごと。

今日は、そのリフォーム工事の前に行っている養生の様子をご紹介いたします。

クローゼットなどの中にほこりなどが入り込まないようにマスカーというビニールで目張りをします。

床にも傷等がつかないようにシートを貼り養生いたします。

大切なご自宅を汚したり、傷など付けないよう

細心の注意で工事前の準備をさせていただいております。

住まいは、お客様の大切な宝物。

無垢スタイルのリフォームでは、懇切丁寧なリフォーム工事を心がけています。

お住まいのことでお悩みごとのある方は、安心の無垢スタイルのリフォームまでお気軽にご相談ください。

2017/07/24

築40年の木造住宅!完璧なリフォームを行うための解体工事

こんにちは

無垢スタイルのリフォームの吉田です。

築40年を超える木造住宅の解体状況を報告します。

ネジやボンド、断熱材などを殆ど使用していない時代の建物なので解体もはかどります。

浴室部分は土台が腐食しており、交換が必要となります。

こちらの住宅は、事前の耐震診断で床下、

屋根裏に入り確認した際も 雨漏れや蟻害などの影響が見られず

解体しないと確認が難しい浴室以外は健全な状態でした。

あとは、耐震性と断熱性を高める工事を行えば安心で四季を通して快適な住まいに再生できます。

無垢スタイルでは、床下や屋根裏の状況を確認するなどして、適切な提案を致します。

築年数が古く、リフォームを諦めているご家族様、

ぜひ無垢スタイルのリフォームまでご相談ください。

2017/04/10

50年前の床下の考え方

無垢スタイル リフォームの吉田です。

今回は「50年前の床下の考え方」について触れたいと思います。

最近、ちょっとしたブームの「古民家」などがそれにあたります。

ちなみに古民家というと「築100年」とか「江戸時代」とかを想像しがちですが、

そんな事はなく、住宅が大量供給時代に入る昭和40年代以前は同じ様な工法で建てられているため、

築50年程度の家は「古民家」に分類されるものが数多く存在します。(諸説あります)

先日、調査した築50年前後の民家の床下写真です。

床板を支える木材全てが無垢材で、ほぼ丸太の状態で使用されている事がわかります。

木と木の間には隙間も多いですね。

奥に見える縦に幾重にも走る白い線は外側の光です。

また、1階床と地面との隙間が広く、この民家で70センチメートルほどありました。

こちらは築30年程度の戸建て住宅の床下で、大量供給時代の建物です。

木材は製材(寸法を均一に加工した)されたものを使用し、

職人さんが工事しやすく効率化が図られてきています。

コンクリートの基礎も普及してきています。

奥が暗いのはコンクリートの基礎に覆われているためで、2m〜3mに1箇所程度通気用の穴を開ける事が一般的でした。

地面と1階床の隙間は約45センチメートルです。

この作り方は今でも普及している工法ですが、最近一般化されているのは

  • 耐震性を上げるコンクリート基礎
  • 断熱性を上げるための断熱施工
  • 湿気対策
  • シロアリ対策

を施したものです。

そろそろまとめます。 50年前の床下は、湿気を逃がすための工夫がなされており、

木材を健全な状態に保つための工夫がなされています。

【メリット】
→長持ちします。
【デメリット】
→冬、直接隙間風が室内に入り、底冷えします。
→耐震性に不安が残ります。

現在の床下は、湿気による様々な害に対策を施した工法となっています。

【メリット】
→断熱性が向上した
→耐震性が向上した
【デメリット】
→しっかりとした施工をしないと不具合が生じる (シロアリ、断熱性・耐震性低下など)

そうなんです。 50年のそれは風通しと長持ちに特化した「シンプル構造」で、

現在は性能を向上させた分、発生する障害に対策を施した「複雑な構造」になっているのです。

50年前と比べて変化しているのは工法だけではなく、

建てる場所も材料も、職人も住む人の考え方も大きく変わっています。

ひとつひとつに目を向けなければ、現在の性能は守られないというのが現状です。

注目すべきは、現在の工法が確立される間に建てられた建物、 築20年〜築40年前後の床下の状態です。

風通しが悪ければ、製材された木材には湿気が溜まり弱くなってしまったり、

隙間風が壁の中を登り結露、カビの発生原因になったりという状態が考えられます。

私どもリフォームに携わるものはそれらを改善する方法を提案していくことが大きな役割と考えます。

表向きだけのリフォームに踏み切る前に、無垢スタイルにご相談ください。

スタッフブログ年別アーカイブ

180分の弾丸リノベーションバスツアー

知っておきたいリノベーション基礎知識

業者を見極める外壁塗替えセミナー

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談