スタッフブログ

2017/08/27

工事現場を綺麗に!「養生」についてご紹介

無垢スタイル リフォームの吉田です。

今日はリフォームメンバーで研修を行いました。

今回のテーマは「養生(ようじょう)」です。

「養生?」 なにそれ…という方も多いですよね。

私どもが使う意味としては、工事現場を綺麗に、安全に保つために行う保護作業のことを指します。

・ リフォームしない部分、部屋を汚さない為

・ リフォームした箇所を傷や汚れから防ぐため

・ 職人さんに安全に作業をしてもらう為

無垢スタイルでは、社員、社員大工、職方全員が「養生」に対して高い意識を持っています。

新しいメンバーも増え、この意識を伝えていく為に、

そして全員が統一した認識を持つ為に、こういった研修は定期的に行っています。

「養生」は地道な作業ですが、私たちにとっては大切な作業。

綺麗な現場は職方の仕事も捗り、自ずと効率も良く、安全性も高まります。

月に1度開催している「リフォームバスツアー」では施工中の現場も案内しています。

特に「リフォーム会社選び」で迷っている方は必見です。

豪華な設備品や価格の安さが「会社選び成功の秘訣」ではないことがわかると思います。

「リフォームしたいけど誰に頼んでいいかわからない」という方、

ぜひ無垢スタイルにご相談ください。

リフォームに掛けるお客様の想いを大切にお預かりいたします。

2017/08/18

お客様に安心していただくための丁寧なリフォーム工事

こんにちは、

無垢スタイルリフォームの野田です。

よくお客様に質問されるのが、

「住みながらリフォームする場合、リフォームしない場所は安全なの?」

というご心配ごと。

今日は、そのリフォーム工事の前に行っている養生の様子をご紹介いたします。

クローゼットなどの中にほこりなどが入り込まないようにマスカーというビニールで目張りをします。

床にも傷等がつかないようにシートを貼り養生いたします。

大切なご自宅を汚したり、傷など付けないよう

細心の注意で工事前の準備をさせていただいております。

住まいは、お客様の大切な宝物。

無垢スタイルのリフォームでは、懇切丁寧なリフォーム工事を心がけています。

お住まいのことでお悩みごとのある方は、安心の無垢スタイルのリフォームまでお気軽にご相談ください。

2017/07/24

築40年の木造住宅!完璧なリフォームを行うための解体工事

こんにちは

無垢スタイルのリフォームの吉田です。

築40年を超える木造住宅の解体状況を報告します。

ネジやボンド、断熱材などを殆ど使用していない時代の建物なので解体もはかどります。

浴室部分は土台が腐食しており、交換が必要となります。

こちらの住宅は、事前の耐震診断で床下、

屋根裏に入り確認した際も 雨漏れや蟻害などの影響が見られず

解体しないと確認が難しい浴室以外は健全な状態でした。

あとは、耐震性と断熱性を高める工事を行えば安心で四季を通して快適な住まいに再生できます。

無垢スタイルでは、床下や屋根裏の状況を確認するなどして、適切な提案を致します。

築年数が古く、リフォームを諦めているご家族様、

ぜひ無垢スタイルのリフォームまでご相談ください。

スタッフブログ年別アーカイブ

リノベーション見学バスツアー

外壁塗装の不安を解消する相談会

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談