スタッフブログ

2017/10/21

ユニットバス床下のお話

無垢スタイル建築設計コンサルティング部リフォーム部門の荒木です。

今回はユニットバスの床下のお話です。

ユニットバスの床下がどうなっているかご存知ですか?

上の写真はユニットバスの真下の状態で、コンクリートが打ってあります。

浴槽には水や人の体重がかかるため浴槽下には重さを支えるためのコンクリートを打つ必要があります。

その為、床下が土やコンクリートが打ってない場合、土間を打つ費用が掛かってきます。

床下の状態は、洗面室などにある床下収納から確認することが出来ます。

今の浴室からユニットバスへリフォームしようかお考えの方は、解体してから土間が打っていないことが発覚した・・・

ということが起こらないように事前に現場調査の際に業者の方に床下の状態を見て頂くことをお勧めいたします。

2017/09/21

3日でできるユニットバスの交換

こんにちは

無垢スタイルのリフォームの荒木です。

今回はユニットバスの施工方法についてご紹介いたします。

まず、初めに土間打ちと呼ばれる作業を行います。

浴槽は水の重さに加え人の重さがかかってきます。

そこで浴槽が地面に沈みこまないようにコンクリートで地面を固める必要があります。

浴槽工事1

次にユニットバスの浴槽と洗い場を置くための台(架台)を設置します。

浴槽工事2

架台を置くことで給水管・給湯管を通すことが出来ます。

これで洗い場と浴槽を設置する準備が出来ました。

次に洗い場と浴槽を設置します。

浴槽工事3

これで浴槽内部はほぼ完成しました。

内部が完成しましたので、ユニットバスの枠を取り付けパネルを貼っていきます。

浴槽工事4

最後に天井を設置し、内部の器具やつなぎ目を埋めるコーキングという作業をし完成になります。

浴槽工事完成

ユニットバスの施工日数は、ユニットバスのグレードや既存の浴室の状態によって異なりますが大体3日ほどかかります。

また、ユニットバスは浴室の空間の中に新しく組み込むので

壁が二重になりタイルよりも断熱効果が高くなります。

そうすることで脱衣所との温度差を少なくでき、ヒートショックの対策にもなります。

無垢スタイルのリフォームでは、無料でお見積もり・ご相談を承ります。

「古いお風呂を変えたい!」「お風呂が寒い!」と現状にご不満の方は、ぜひ無垢スタイルのリフォームまでお問い合わせください。

2017/08/27

水道管の水漏れとサビ

こんにちは。

無垢スタイル・リフォームのヒグチです。 今回は、水道管についてお話しします。

先日、築20年前後でユニットバスを交換したお家がありましたが、

そちらの水道管が大変なことになってました。

水道管に保温材が巻かれていますが、保温材を取ってみたところ、

中から水が溢れてきました。

漏れていたんですね。。。 当然、中の鉄管は錆びていました。

。。。ただ、大変とは言いましたがそんなに珍しいことではないのです。

鉄の水道管が使われていれば、こうなる可能性はどこのお家でもあるのです。

また、今回のように外に漏れていなくても、

中は水が通っていますからこの写真のようになっています。

。。。あまり気持ちの良いものではないですよね。。。

水道メーターよりお家側はすべて

そのお家の責任で修理や交換などをしなくてはなりません。

水廻りや内装など、目に見えるリフォームも大事ですが、

普段は見えなくとも、生活していく上で一番大切な水のことを

もっと考えてみてはいかがでしょうか?

スタッフブログ年別アーカイブ

リノベーション見学バスツアー

外壁塗装の不安を解消する相談会

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談