電話でお問合せ

問合せ・資料請求

店舗・展示場

メニュー

「耐震診断」タグの記事Staff Blog

「耐震診断」タグの記事

Staff Blog

2020/10/05

家族と住まいを守る無垢スタイルの無料耐震診断

こんにちは、無垢スタイルのリノベリフォームの稲垣です。

今回は、つい先日も行わせていただきました
耐震診断についてお伝えします。

越谷市にお住まいのA様よりリフォームのご相談をいただき、
壁を抜きたいとのご希望がございました。

無垢スタイルでは、壁や柱を抜く際には、
安全のため必ず施工前に耐震診断を行っている事をお伝えすると、
快くご理解いただけました。

外壁や、屋根、そして室内の各部屋を確認させて頂きながら、最後に床下に入ります。

床下で何を確認しているかと言うと、基礎の圧縮強度や、土台の含水率、そして構造です。

たとえば、ねじれに対する抵抗力を持っている火打ち土台(写真①)や、
基礎と土台をつなぐ、アンカーボルト(写真②)。

以前リフォームをしたことのあるお宅では、給水管や給湯管が
地震に強い新しい管(写真③)に交換されていることもあります。

それと、これは床下アルアルになるかもしれませんが、忘れ物など、結構あります。
釘や、ドライバー、ガラスなどもありますし、古いデザインの空き缶や、空きビンは、
なんだか懐かしい気持ちにもなります。
でも悲しくなるのは、前回リフォームした時の残材をそのまま床下に残している現場です。
これはシロアリを呼んでしまう事にもつながります。

今回はそんなものはありませんでしたが、
これ、なんだかわかりますか?
袋に入っているのは、ノコギリの刃です。

大工さんの忘れ物ですね。

さてさて、そんなものを見つけるのも楽しいのですが、、、

本当は筋交いを確認しています。
図面と違うところに入っていることが多々あります。

ですので、筋交いは丁寧に確認し、図面に一か所ずつ記入していきます。
当然、図面は泥だらけになりますが、筋交いの位置はとても大切な情報なので、
確実に印をつけていきます。

その後、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)に提出、診断結果を待ちます。

少し時間と手間はかかりますが、住まわれる人の命に係わる耐震診断ですので、

第三者を介入させる事で、正確な診断を行っています。

無垢スタイルのリノベリフォームでは、無料耐震診断を行わせていただいております。
正確な診断を行いたい方、正直な補強方法を聞きたい方、どうぞお気軽にご相談ください。

2020/03/28

伝統構法住宅の耐震補強

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォームの立石です。

今回は、伝統構法で建てられているお宅の耐震補強工事をご紹介致します。

構造のねじれに対して変形が起きても追従できる補強部材として、『荒壁パネル』というものを採用しております。

このパネルは、土・古紙・木などの自然素材を原料としており、元来の土壁と同等以上の性能があると認められています。

もともと、伝統構法の建物は壁ではなく柱や梁が「地震の力を逃がす」役割をしています。

そのため、地震が来た時には建物全体の構造が揺れに対して動くわけなので「壁は壊れたら塗り直せばよい」という考え方だっとようですね。

この下の写真は『仕口ダンパー』といって、地震の力に対して、逆方向に力が働くようにする金物です。

簡単にいうと力を吸収してくれる部材になります。

この部材があることによって、地震の力によって柱が折れるのを軽減できます。

工法によって、耐震補強も違ってきます。

無垢スタイルでは建築構造の違いをしっかり理解した上で、現在の取り組みがあります。

古い建物で耐震にご不安のある方は無垢スタイルのリノベリフォームまでお問い合わせください。

2020/03/17

家と家族を守るための「耐震診断」

こんにちは、無垢スタイル リノベリフォーム設計室社内建築家のあっちゃんです。

連日コロナウイルス関連の話を耳にしない日はありません。
皆さま健康に関して、自分の身は自分で守りましょう。

天災は忘れた頃にやってくる

この時期になると毎年繰り返し
「耐震診断・耐震改修技術者」
「被災建築物応急危険度判定士」として
お話をさせて頂いております。

平成23年3月11日 午後2時46分に発生した
「東北地方太平洋沖地震」から丸9年がたちました。
被災地では、今も復旧と復興が行われております。

平成28年4月14日には、熊本でも地震が発生しました。
また、世界中で地震による被害が報道されております。

東北の地震は、プレート型の地震で、津波による被害が甚大となりました。
一方、関東で起こるであろう、首都直下型の大地震の場合、
地震による被害が多く想定されます。
耐震性の弱い建築物の倒壊、液状化現象による建物の傾き・倒壊などです。

一棟でも倒れない家を増やしたいと活動をさせて頂いている「耐震診断員」として、
特に耐震性の弱いと思われる建築物(特に昭和56年5月31日以前に建築された建物)については、
まず、耐震診断員による耐震診断をして頂き、現在のお家の状況を把握して頂くこと。

熊本地震をきっかけに昭和56年6月1日以降平成12年5月までに建築された木造住宅(新耐震)に関しても
被害が出たことから新たに接合部を中心とした確認や補強などが必要なケースがわかってきました。

万が一、倒壊の可能性がある場合は、構造補強を行い、倒壊を防ぎ生存空間を確保することが、
望ましいです。但し、補強を行うことにより100%被害を防ぐ事は保証できません。
何故なら、天災だからです。室内の家具や物により、被害を受けることもございます。
不要な不安をあおる事は致しません。正確な現状把握をして頂きたいとの思いです。

「天災は忘れた頃にやってくる」3.11や4.14を機会に、「明日は我が身」という思いで
もう一度身の回りの安全性や建物の強度をお調べして頂くことをお願い致します。

3.11以降、携帯電話やテレビ・ラジオで緊急地震速報が発表されております。
情報が発令された際は、冷静に心構えをし、地震が起きたらまず、身の安全の確保をお願い致します。
命さえ助かれば、人と人が助け合い、その後の生活手段はいろいろあると考えます。

「被災建築物応急危険度判定士」とは

万が一、大地震が起きた後、行政の依頼に基づき、被災した建築物について、
その後の余震等による倒壊の危険性、建築物の部分等の落下、転倒の危険性を
出来る限り速やかに判定し、その結果に基づいて恒久的復旧までの間における
被災建築物の使用にあたっての危険性を情報提供することにより、
被災後の人命に係わる二次的災害を防止することを目的と活動する判定士のことです。
活動依頼がないことが一番ですが。

【参考HP】
政府 地震調査研究推進本部
https://www.jishin.go.jp/regional_seismicity/rs_kanto/

不安をあおることは致しません。
正しい情報を正しく理解して、いざというときに正しい判断が出来るように
日ごろから、心がけて頂きたいと思っております。

無垢スタイル建築設計では、今何が出来るかを考え、
無料の耐震診断や床下点検などを
少しでも被害を減らしたいとの思いで取り組んでおります。

また地域密着の企業としてお客様に健康で安全なお住まいで、安心して過ごして頂きたいとの思いで
弊社が加盟している「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」の地域の防災拠点プロジェクトに参加し
「地域の防災ステーション」としての活動を始めました。

地域の皆様に、より、安全と安心を提供していく企業に成長します。

2020/01/20

耐震技術認定者として一棟でも倒れない家を増やすために

こんにちは、無垢スタイル リフォーム設計室のあっちゃんです。

この時期になると毎年「耐震診断・耐震改修技術者」「被災建築物応急危険度判定士」としてお話をさせて頂いております。

昨年頃より地震に関するドキュメンタリーや啓蒙番組が増えて来ております。

1923年9月1日 午前11時58分に発生し、105385人の方が亡くなられた、関東大震災から今年で97年。

1995年1月17日 午前5時46分に発生し、6434人の方が亡くなり、3人が行方不明になった、「阪神・淡路大震災」から今年で25年が経ちました。

2020年新しく入社してくる方々の年齢を聞くと月日の流れを感じます。

その後にも日本では

2000年 鳥取県西部地震

2003年 宮城県沖地震

2003年 十勝沖地震

2004年 新潟県中越地震

2005年 福岡西方沖地震

2005年 宮城県沖地震

2007年 能登半島地震

2007年 新潟県中越沖地震

2008年 岩手宮城内陸地震

2011年 東日本大震災

2011年 宮城県沖地震

2011年 福島県浜通り地震

2016年 熊本地震

2018年 大阪府北部地震

2018年 北海道胆振東部地震

と全て網羅はしておりませんが、このような大地震が発生をしております。

関東で起こるであろう、首都直下型の大地震の場合、地震による被害が多く想定されます。
耐震性の弱い建築物の倒壊、液状化現象による建物の傾き・倒壊などです。
地震に伴っての火災の心配もあります。

一棟でも倒れない家を増やしたいと活動をさせて頂いている「耐震技術認定者」として、
特に耐震性の弱いと思われる建築物(特に昭和56年5月31日以前に建築された建物・旧耐震)については、
まず、耐震技術認定者による耐震診断をして頂き、現在のお家の状況を把握して頂くこと。

熊本地震をきっかけに昭和56年6月1日以降平成12年5月までに建築された木造住宅(新耐震)に関しても
被害が出たことから新たに接合部を中心とした確認や補強などが必要なケースがわかってきました。

万が一、倒壊の可能性がある場合は、構造補強を行い、倒壊を防ぎ生存空間を確保することが、
望ましいです。但し、補強を行うことにより100%被害を防ぐ事は保証できません。
何故なら、天災だからです。室内の家具や物により、被害を受けることもございます。
不要な不安をあおる事は致しません。正確な現状把握をして頂きたいとの思いです。

天災は忘れた頃にやってくる」この言葉を改めて思い浮かべ、「明日は我が身」という思いで
もう一度身の回りの安全性や建物の強度をお調べして頂くことをお願い致します。

最近では、携帯電話やテレビで緊急地震速報が発表されるようになりました。
情報が発令された際は、冷静に心構えをし、地震が起きたらまず、身の安全の確保をお願い致します。
命さえ助かれば、人と人が助け合い、その後の生活手段はいろいろあると考えます。

ちなみに「被災建築物応急危険度判定士」とは、
万が一、大地震が起きた後、行政の依頼に基づき、被災した建築物について、
その後の余震等による倒壊の危険性、建築物の部分等の落下、転倒の危険性を
出来る限り速やかに判定し、その結果に基づいて恒久的復旧までの間における
被災建築物の使用にあたっての危険性を情報提供することにより、
被災後の人命に係わる二次的災害を防止することを目的と活動する判定士のことです。

無垢スタイル建築設計では、今何が出来るかを考え、
少しでも被害を減らしたいとの思いで取り組んでおります。

また地域密着の企業としてお客様に健康で安全なお住まいで、安心して過ごして頂きたいとの思いで
弊社が加盟している「日本木造住宅耐震補強事業者協同組合」の地域の防災拠点プロジェクトに参加し
「地域の防災ステーション」としての活動を行っております。

地域の皆様に、より、安全と安心を提供していく会社に成長します。

スタッフブログ年別アーカイブ

歳末大売出し!最大82%OFFセール!
さいたま市岩槻区のWATSU東館で開催

オンラインライブでわかりやすい!
おうちで気軽に学ぶワンポイント講座

各種リフォーム

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ