スタッフブログ

2014/07/19

ウッドデッキのメンテナンス


こんにちは。無垢スタイルのリフォームの菊地です。


中古住宅を購入し、リフォーム工事を行わせて頂くことになった日高市N様邸のウッドデッキです。


ウッドデッキのメンテナンス


ウッドデッキのメンテナンス


築25年程で天然木のウッドデッキとしては寿命を迎え撤去することになったのですが、正直もったいないなと感じました。


今回はこれからウッドデッキの購入を考えている、または、ウッドデッキを購入された方に少しでも長く使って頂けるように日頃のメンテナンス方法を紹介したいと思います。


・砂埃はこまめに掃除する。(砂埃が木材の乾燥を進めたり、砂埃に含まれる腐朽菌が木材を腐らせたりします)


・コケのようなものが生えてきたら、デッキブラシで落とす。


・プランターや植木鉢でガーデニングを楽しむ場合は、常に同じ場所に置くのではなく定期的に場所を移動させる。何か台の上に置いて床面の通気を良くすることが効果的です。


日常的なメンテナンスではないですが、1年、最低でも2~3年ごとに再塗装をお勧めします。


友人を招いてBBQをしたい、ウッドチェアを置いてのんびり日光浴をしたい、最初はいろいろ夢が膨らむウッドデッキですが、使わなくなってしまってはもったいないないですよね。自分は夜ビールを飲みながら天体観測をするという野望を持っています。


些細なことでも何かお困りのことがあれば『無垢スタイルのリフォーム』まで。

2012/06/04

介護のための修繕 バリアフリー工事

こんにちは鈴木です。

今回は介護保険を使用したバリアフリー工事についてご紹介します。

バリアフリー工事にと言っても色々ありますが、今回は介護保険を使用し、

手摺を取り付けることがメインの工事です。

バリアフリー工事

▲バスルームの手摺

バリアフリー工事

▲廊下の手摺

バリアフリー工事

▲廊下の手摺

担当のケアマネージャーさんとコンビを組み、各種指導の下手摺を的確な場所に取り付けて行きます。

耐震改修工事の助成金についてはよくお話しをさせて頂きますが、

その他条件を満たせば利用できる助成金は数多く存在します。

各種助成制度を利用した改修工事も無垢スタイルまで。

2013/06/02

床下の調湿 ?床下点検 無垢スタイル

こんにちはの鈴木です。今回は床下環境改善の一例です。

大型改装工事の現場にて、布基礎のお家なのですが、湿気が大いに気になりましたので、

床下の調湿材を散布しました。

床下調湿材

床下調湿材

白い小さい石に見えるものが実際の調湿材ですが、

湿度の高いお家ですと撒いたとたんに水分を吸込み、変色していきます。

スタッフブログ年別アーカイブ

最大82%OFF!LIXIL商品など大特価

リノベーションまるわかりのバスツアー

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

家族にも環境にもやさしい住まいづくり

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談