スタッフブログ

2018/10/01

台風の去った後のお家のチェックはお早めに

こんにちは、無垢スタイルのリフォーム リノベリフォームコンサルの稲垣です。

10月1日未明の台風24号は凄かったですね。

犠牲者5000人以上を出した1959年の伊勢湾台風に匹敵するという見識もあり、首都圏のJR在来線が午後8時頃には全面運休となり、様々なところに影響がありました。

今朝になっても交通面に影響出ています。

リフォーム業をやっていると、強烈な台風が去ったあとの被害を目の当たりにすることが多々あります。

下記の写真は、9月4日に来襲した台風21号のときのベランダの被害状況です。

強風で波板が一枚飛んで行ってしまい、また残った一枚も見事にひしゃげています。

以前、職方から波板は強風時、家を守るために外れるようになっていると聞いたことがあります。

ここには家を守るために犠牲になった波板がいました。

すぐに修繕させて頂きましたが、家にはダメージはありませんでした。

外れた波板のおかげで大切なお客様の資産は守られました。

波板は、雨風から家を守りますが、強風からも家を守っていました。

今回の台風24号の爪痕で、お困りの方も無垢スタイルのリフォームまでお気軽にご相談ください。

2018/04/27

戸車交換で驚くほど軽く動くようになった引き戸

こんにちは、

無垢スタイル建築設計 リフォーム部の吉田です。

普段開け閉めしている引き戸、「最近、いやここ数年、なんか重くなったなあ・・・」と感じてませんか?

写真は引き戸を外し、戸の下についてる『戸車』を撮影したものです。

車輪の部分のプラスチックが壊れてしまい、スムーズに開閉させる役割が機能していません。

引戸は開けておいても邪魔にならず、風通しよく、且つ、部屋から廊下間の温度差を緩和させるなど日本の四季に合った機能的な建具です。

ただ、こうなってしまうと、途端に開け閉めが重くて億劫になってしまいます。

こういった戸車は交換修理で対応できますのでお気軽にお声がけください。

また、無垢スタイルのOB様向けサービスの『ムクサポシステム』をご利用いただくことでお得に交換も可能です。

(ご利用には条件がございます。)

戸車のない引き戸も敷居(戸のレールの部分)や戸の変形などで重たくなっていることもありますので、少しでも気になることがありましたら是非、無垢スタイルのリフォームまでお気軽にお問い合わせください。

2018/04/22

リフォーム解体後に断熱欠損が発覚!対処の仕方とは?

こんにちは。

無垢スタイルのリフォームの立石です。

今回ははリフォームの際に発見した断熱欠損についてご紹介します。

さいたま市西区のM様邸の解体後に発覚した断熱欠損。

ALCという水にも浮くほど軽いコンクリートでできた燃えにくい外壁材と

構造体である鉄骨との間には、写真のような発泡スチロールの断熱材が

詰め込まれているのですが、不思議なことに隙間だらけなのです。

さすがにこれだけの隙間があると全く意味がないのは、

どなたが見ても分かりますよね。

お客様に現地にお越し頂いてご説明させて頂きましたが、

このままでは工事も進められません。

グラスウールを充填するのか、吹付断熱にするのか2種類の手段を用いいることになります。

リフォームは解体してみないとわからないことが多い仕事です。

無垢スタイルのリフォームはその都度お客様にご説明し、

お客様に合わせた適度なご提案をした上で最善の判断をいただくよう心がけております。

住まいのことでお困りの方は、無垢スタイルのリフォームまでご相談ください。

スタッフブログ年別アーカイブ

リノベ・リフォーム祭 in アリオ上尾

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談