スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

2018/12/20

雨樋(竪樋)からの水漏れ修理

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォーム部門の佐々木です。

今回所沢市にお住いのK様から「困った!」とのご連絡をいただき、急遽尋ねました。

電話で伺ったのは「竪樋から水が漏れてしまうのです」との事。

割れてしまっているのかな?と思いきや…

これはびっくり…スポッと抜けてしまったような感じに…

このような状態では雨が降った時隙間からジャージャー出てしまいますね。

今回はムクサポでの対応とさせていただきました。

ぴったりに直していただきました!

これで雨が降っても安心ですね(^^)

このような小さいお困りごとでもお任せください!

金額や直し方などご相談させていただきながらお客様に合った解決方法で工事させていただきます。

2018/12/18

点検をしたら雨漏りが…原因は5年前の屋根の施工でした

みなさんこんにちは。

無垢スタイル リノベリフォームのタンバです。

本日は屋根工事のお話をさせていただきます。

こちらの現場はある点検時に気付いたことからはじまりました。

室内の現場確認の際にお客様よりベランダに屋根から何か落ちてきて…

とのことで見て欲しいとご相談がありました。

後日、はしごを用意し2階の屋根に登ってみると

屋根材の端が欠けて落ちてきたようでした。これだけでしたら補修で済むところですが・・・。

屋根の上を歩いていると屋根材の隙間から水が流れ出してきました。

昨日に降った雨の影響ですが、問題は中から出てくることです。

通常、雨が降っても中には溜まらず雨樋へ流れ出る仕組みになっているのですが

5年ほど前に屋根の塗装をした際の施工に問題がありました。

塗料が隙間を埋めて隙間が無くなっている状況でした。

もしやということで小屋裏を点検したところやはりというか雨漏りしておりました。

写真を確認していただき、これではいけないということで今の屋根の上から新しい屋根をカバーする工法で施工することになりました。

通常屋根をカバーすると既存の屋根+新しい屋根で重くなると懸念される方もいらっしゃいますが現在主流になりつつある、

ガルバリウム鋼板の軽い屋根材をチョイスいました。

ルーフィング(防水紙)を新しく敷き、屋根を張っていきます。最後に棟の部分を張り完成となります。

これで雨漏りから家を守り一安心です。

無垢スタイルリフォームでは無料で点検をおこなっております。

気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

2018/12/17

内窓設置で外気からの寒さをシャットアウト!簡単お部屋の寒さ対策!

こんにちは。

無垢スタイル リノベリフォーム部の野口です。

お客様宅で、出窓からの冷気が冬場は気になるということでしたので、

内窓をご提案させていただきました。

内窓は、室内側にもう一つ窓をつける工事になります。

事前にサイズを測って、特注で作成していきます。

取付工事は、1か所1時間ほどで設置可能です。

窓際は、冷気が漂っている冬場、ご自宅で気になる方は、

無垢スタイルまでお気軽にお声がけください。

2018/12/16

高断熱リフォームに欠かせない知識と技術

こんにちは!

無垢スタイル リノベリフォーム部の立石です。

勉強すればするほど正解が分からなくなるのが、リフォームでの断熱・気密。

その答えを探すために、勉強の日々です。

いろいろな商材と方法があるので、どれが果たして1番効果が高いのか。

みなさんも知りたいですよね?

例えば、高性能グラスウールと吹付ウレタン

それぞれの熱伝導率は下記の通りです。

高性能グラスウール 商品A:熱伝導率0.034W/(m・K)
吹付ウレタン 商品B:熱伝導率0.036W/(m・K)
空気 熱伝導率0.0241W/(m・K)

体感できるほど違うのかというと、実はそうでもないのが分かりますね。

要するにきちんと施工要領を理解していること。

その通りに施工できること。

確かに隙間なく施工できる吹付ウレタンは魅力的です。

ただ吹付ウレタンを隙間なく施工したつもりでも、

例えばお風呂の基礎や床下は何もしていなかったり、玄関土間の立ち上がりも何もしていなかったり、

家全体を考えると、これではまったく意味のない施工になってしまいます。

最近、増えている吹付ウレタンのA社はレシピを売って委託生産しているために、品質がバラバラ。

施工部隊はただ言われたところにスプレーガンで吹く単純作業。

その点、国内生産工場を持っているB社の方は、品質にばらつきがなくて。。。

こんな話で営業されるとB社を選びたくなりますよね。

もう一度、言います。

大切なのは施工要領を理解していること。その要領の通りに施工すること。

商品の性能は高ければ高いほど安心ですが、施工がしっかりしていなければ全く無意味だということです。

無垢スタイルの現場監督の米澤監督に質問を投げてみたら、当たり前のように浴室の基礎の施工について返事が返ってきました。

やっぱりそうなんだ。

「知っている」「分かっている」って安心ですよね。

無垢スタイルの現場監督は新築もリフォームも両方受け持ちます。

これはお客様に安心して貰える無垢スタイルならではのスゴイ特徴です。

断熱でお困りの方は無垢スタイルまでご相談ください。

2018/12/15

リフォーム+コーディネートでモダンな暮らしに大変身

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォーム設計室 千葉です。

12月に入り、めっきりと冷え込んでまいりました。

御身お大切にお過ごしください。

さて、住まいの設備には迷ってしまうほどたくさんの種類があります。

機能面、性能のよさ、使い勝手はもちろんお掃除のし易さやデザイン性も妥協したくありません。

水回りとLDKリフォームをさせていただきましたO様邸は、シックでまとまりのある空間になりました。

白とダークカラーのコントラストが素敵です。

無垢スタイルの無垢材はどんなテイストにもよく合います。

ご要望を是非お聞かせください、ぴったり合うコーディネートをさせて頂きます。

スタッフブログ年別アーカイブ

1/26 リノベーション見学バスツアー

リノベーションフェスタ in リクシル越谷ショールーム

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談