スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

2019/01/15

A社の施工不良で起きた雨樋の水漏れの修繕

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォームの菊地です。

今回は雨樋の水漏れについてのお話です。

先日、無垢スタイルのOB様のお宅に定期点検でお伺いした際にご相談されました。

雨樋のジョイントのところから雨が止んでもポタポタと落ちてくるそうです。

しかし、この雨樋は、2、3年前の雪害により他社で新しいものに交換したそうです。

上から見てみると雨が降っていないのに水が溜まってしまっています。

問題は雨樋の勾配がきちんと取れていないことによるものです。

「新しい物に交換したらそれでお終い。」ではなく、

施工の基準やチェック体制が整っている会社にお願いするべきですね。

今回もせっかく直したものをまた直さないといけなくなりそうです。

雨樋修理・修繕も無垢スタイルのリノベリフォームまで。

2019/01/14

給湯器の排気カバー取り付け

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォーム 住まいの体感モールの吉田です。

給湯器の排気カバーとは、給湯器からでる排気で立木が悪くなったり、隣地にご迷惑がかかったりする場合に施される対策です。

単にカバーを取付けるのではなく、風量を切り替えるコネクターを内部の機械に差し込むなどの作業があります。

自分でもできるかな。と今回のお客様も言ってましたが、やはり専門家に任せたいところですね。

写真はノーリツの給湯器、型番やメーカーによっても工事内容は異なります。

今回は横に排気するカバーを取り付けました。

この他に上に排気するタイプもあります。

このような給湯器のことや、住まいの「少し気になること」でも、お気軽にお問い合わせください。

無垢スタイルでは地域の皆様の「住まいの問題解決業」として、精一杯対応させていただきます。

2019/01/13

引退する左官屋さんの親方に感謝を込めて

こんにちは

無垢スタイルリフォームの立石です。

新人の時からお世話になっている左官屋さんが、今月いっぱいで引退するとのことで、お会いできるのは今日が最後かなと思いながら現場に顔を出しました。

左官屋さんの仕事は、無垢スタイルではお馴染みの珪藻土や和室の京壁、外壁のモルタルなど、コテを握らせたら右に出るものはいないと言っていいほど、とても繊細な仕事。

今回は新しい玄関ドアの取り付けをする工事で、壊したドアまわりの壁を復旧するには、この左官屋さんにモルタルを塗って貰った下地の上に塗装屋さんが色を塗ります。

ちょっとした提案で、その壁には小さなガラスブロックをはめ込んで、ふんわり明かりが入り込むようにします。

念入りに仕上げて貰い、

「これでどうでしょう。」って、

それだけ丁寧にして貰えたら言うことなんかありません。

左官屋さんの仕事には目立った華やかさはありません。

凸凹のない滑らかな直線をつくる。
(ケーキ屋さんがスポンジに生クリームを塗るのと同じ感覚に思えます。)

そして黙々と自分の役目を全うする。

最後に写真を撮りたいとお願いすると、

「どんなもんだい!」

いつも静かに仕事をこなす親方のそんな姿に、

やっぱりプライド持って仕事してきた人なんだな〜と、

自分がそんな気持ちで仕事と向き合う人達に支えられているのだなと思うと、

ふと今までの仕事への感謝の気持ちが湧いてきて、また涙。

思い出の作品。

この現場も、この写真も。

「どうしても困ったときは、力貸してくださいね。」

笑って送り出すつもりが、ついついこんなこと言ってしまう。

当たり前のように続く関係だと思っていただけに、寂しいです。

親方、長い間本当にお疲れ様でした。

またお茶飲みに来いなんて言って貰える僕は幸せ者です。

2019/01/12

無垢材の床の塗装で洗練されたヴィンテージ感のある部屋に大変身

みなさんこんにちは。

無垢スタイル リノベリフォームのタンバです。

本日は無垢材の床を塗装したお住まいのリフォームをご紹介いたします。

床の塗装には大きく分けて2つあります。

床材の上に塗料を乗せるウレタン塗料と床にしみこませるオイルステイン系塗料と分かれます。

ウレタン塗料は塗装面がツルツルとした感じになり、オイルステイン系は木そのものの触り心地を感じられる仕上がりになります。

せっかく無垢材なので表面はさわり心地は木の感触がいいですよね。

今回の床材は赤松という柔らかめの温かみのある床材になります。

無垢スタイルではもう定番の床材になりますね。

今回塗装した色は『ココア』という色をチョイスされました。

赤松の塗装の中でもクリアーに続いて人気の色になりますね。

とても雰囲気があっていいですね!

これからの生活が楽しみですとおっしゃっていました。

無垢スタイルではリノベーション、リフォームなら何でもご相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

2019/01/11

健康寿命の現状と課題

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォーム バリアフリー担当の野田です。

消費税の増税が目前に迫り、介護人財の確保に向けた処遇改善交付金も財源を確保しなければならない状況から2019年10月より介護サービスを利用する単価は上がるようです。

介護の業界にも外国人財は入ってきますが、日本語のテストを2種通過しなければならない程の高きハードルを課しているようで、担い手不足はまだ安心できないような状況だと言えるでしょう。

では今できる事、準備できる事は。

健康寿命を延ばす事です。

医師会が盛んに発信しているように、住環境が身体、医療費、介護費に与える影響が本当に大きいという事。

温度差により血管や心臓に負担を与えるヒートショックは、浴室よりも寝室が今、注目されています。

寝具(布団)の中は33℃ぐらいの温もりがあるのに、室温が10℃しか無ければ20℃の温度差。

本当に寒い家は10℃を下回る一桁の住まいも日本にはたくさんあります。

北欧や欧米では室温が下回16℃を下回る宿泊施設は、営業許可が出ない程、寒い居住空間が問題視されているのです。

日本は周回遅れですね。

日本も断熱性能を向上させる工事に助成金を出し、人間が暮らす住環境に追いつこうとスピードアップをしているので、今こそ、お得に快適な温かい住まいにリノベーションする機会です。

寒い部屋がある方は是非一度住まいの体感モールにお越しいただき、暖かいお部屋にする仕組みを体感くださいませ。

今週末の1月12日(土)、13日(日)は無垢スタイル恒例の『2019新春 住まいづくりフェア』を開催いたします。

介護リフォームやリノベーション、また水回りのリフォームなどなど、住まいのお困りごとはこのイベントで解決いたします。

3店舗同時ですので、お近くのスタジオまでお気軽にご来場ください!

【2019 新春 住まいづくりフェア】

https://ssl.muku.co.jp/event_20190112/

スタッフブログ年別アーカイブ

1/26 リノベーション見学バスツアー

リノベーションフェスタ in リクシル越谷ショールーム

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談