スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

2020/02/13

簡単に設置できる階段用手すりの取り付けリフォーム

こんにちは!
無垢スタイルのリノベリフォームの佐々木です。

みなさん、リフォーム用手すりってご存知ですか?
おうちによっては階段に手すりがついていなかったりします。
しかし、年を重ねるごとに足腰は弱くなり、階段の上り下りなど不安ですよね?
そこで簡単に設置できるリフォーム用手すりが役に立つんです(^^)

通常手すりは力がかかる部分なので、下地にしっかり打ち付けないといけません。
しかし、リフォーム用のベース材を設置する事によってどこにでも手すりが設置出来ます。

まず、手すりの高さ調整や角度調整を行いながら下地がある部分にテープを貼っていきます。

お客様の身長や掴み易さを考えながら調整する事が重要なので、私・お客様・大工さんで打ち合わせを行いながら工事を進めていきます。

ベース材の設置が出来たら手すり本体の設置を行います。
等間隔に受けとなる部材の設置や角度が変わる部分には接合部材をはめていきます。
最後キャップの設置をすれば完成です☆

ベース材の端専用部材もあります。
見た目すごくおしゃれですよね。
施工も朝の8時半頃からはじめ、12時半頃には終了しました。
施工もスピーディーに行えるのでお客様のご負担も少なく済みます。
うちには設置できるのかな?など、お気軽にお声がけください(^^♪

2020/02/11

自宅を飲食店へリノベーション!自宅カフェ開業も無垢スタイルにお任せください!

こんにちは。
無垢スタイルのリノベリフォーム設計室の千葉です。

今回は、飲食店への改装を計画させて頂いているO様邸をご紹介いたします。
木造2階建てのご自宅の、1階部分のリノベーション着工中です!

▼解体前

▼解体後

▼既存内障子の枠は撤去し新しく窓枠を施工します。

▼リビングダイニングにつづく和室を間仕切る壁は解体し、柱や補強部材は現しにしました。

▼今回、お店の顔となる無垢材のカウンターは

▼トガザクラをお勧めさせて頂きました!

現場にも大切に搬入され、職人さん3人がかりで設置していただきました。

このほかにも対面でオープンなキッチンや造作の手洗いなどこだわりのポイントがまだまだあります。

次回ご紹介させて頂きます。

飲食店の開業は資格や届出のこと、営業許可や申請のこと、法律のことなど不安も多いと思います。
店舗へのリフォームご検討中にご相談される際は、是非、建築部分以外の相談もしてみてください。

店舗改装・リノベーションも無垢スタイルのリノベリフォームまで。

2020/02/10

不便な押入れをクローゼットにして収納力をUP!

こんにちは!
無垢スタイルのリノベリフォームの吉田崇紘です。

今回は押入れをクローゼットにする工事をご紹介したいと思います。

押入れだとなにかと不便なことがありますよね…。
・服をかけられない。
・掃除機などの背の高いものを入れられない。
・引き戸だと開口が半分だから、物を出し入れしずらい。などなど…

そのようなお悩みの方はぜひクローゼットにいたしましょう!

まず中段を壊し、周りの壁に今回はクロスを貼るので、下地のベニヤを貼っていきます。

そしてオーダーで寸法ぴったりに特注した建具と、ハンガーパイプを取り付けるだけ!

無垢スタイルの熟練の大工であれば、内装工事がなければ、1日で完成もできます!

収納でお困りの方は無垢スタイルのリノベリフォームまでご相談ください!

2020/02/09

オープンまであと6日!無垢スタイルの新展示場「北欧ヴィレッジ」!

こんにちは、無垢スタイルのリノベリフォームの稲垣です。

本日は、2/15にグランドオープンを迎える無垢スタイルの新しい展示場『北欧ヴィレッジ』をご紹介させていただきます。

北欧ヴィレッジは、北欧のライフスタイル『Hygge』を体感&宿泊できる複合型モデルハウスです。

今回は、壁や床などに使われているタイルなど一部をご紹介いたします。

日本での使い方とは、少し違った感じです。

トイレの壁のアクセントとして使われるタイルですが、あえて色のコントラストを弱めにしました。

役物を使わず、クロスの壁との境に陰影が付くような仕上げとなっています。

リビングの床の境目にもアクセントとしてタイルをあしらっています。

まるで違う色合いをぶつけて、あえてアクセントとしての使い方です。

あえてのアクセントとしてのタイルもございますが、よく使われているカウンターにも一味違う色合いのタイル仕上げがございます。

タイル仕上げにご興味のある方、少し気になる方、どうぞお気軽にご相談ください。

そして、新しい展示場『北欧ヴィレッジ』でごゆっくりご確認ください。

  2.15(土)・16(日)北欧ヴィレッジGRAND OPENING SPECIAL EVENT!

2020/02/08

家具も合わせてリノベーション!造作で彩ったナチュラルなインテリア家具

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォームの吉田です。

本日、お引渡しを迎えたお客様のリビングの造作インテリアの一部を紹介させていただきます。

堀炬燵

お客様に一枚板をご提供いただき、掘りごたつを作りました。

四季を問わずに常設することから「堀座卓」というのが正解でしょうか。

ユニット式のものと比べ、当然ですが重厚感がありリビングの主役となる印象的な家具です。

この造作には手間がかかります。

仕上げはもちろんですが、大切なのは断熱性です。

床下の冷気が入ってこないように何重にも断熱、気密の要素を取り入れています。

飾り棚&収納

既存の出窓を利用した収納です。

腰窓の要素が高窓になることで落ち着きのある「しっぽり感」が生まれました。

上部からは光が入り、とても気持ちよい空間になりました。

ニッチ(飾り棚)

赤松の床材と同じ板を使い壁の厚みを利用して作った飾り棚。

一升瓶を置く予定のため、壁よりも少しせり出し、転び留めの丸棒を木製の腕で押さえています

外壁面の壁にニッチをつける場合は、壁内の断熱材を高性能な材質に変更することが必須となります。

壁が薄くなるので、断熱材が入らない→いれなくていいか。

なんてことがあるかしれませんので、しっかり確認しましょう。

無垢材などを使い、室内のデコレーションをお客様と一緒に作っています。

ぜひ、無垢スタイルのリノベリフォームにお声がけください。

スタッフブログ年別アーカイブ

水まわり商品が大特価!最大61%OFF

主催:さいたま省エネ・健康住宅協議会

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

災害救助法に基づく住宅支援について

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

家族にも環境にもやさしい住まいづくり

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談