スタッフブログ

2014/06/16

バルコニーから忍び寄る雨漏り

こんにちは、無垢スタイルのリフォームの鈴木です。


今回はバルコニーの使い方についてです。


皆様バルコニーにこのように敷物を置いていたりしませんか?


見た目や使い勝手などの理由から置いている方、多いですよね。


バルコニーから忍び寄る雨漏り

でも、少し問題が・・・


敷物の下で起きている現象の発見が大幅に遅れます。


このようなヒビが隠れているのです。


バルコニーから忍び寄る雨漏り

バルコニーの下には良くお部屋がありますから、


そのヒビから漏れたらもう大変です。早め早めの点検は無垢スタイルのリフォームまで。

2016/10/10

雨漏りでバルコニーの床がドロドロに…!

こんにちは。無垢スタイルのリフォームの立石です。

【雨漏り工事 その1】台風の多い時期の雨漏り修繕はスピード対応が重要です

以前、思い込みが危険だとブログにも書かせていただきましたが

今回の雨漏り工事も「もうひとつの原因」が潜んでおりました。

バルコニーの床からの侵入です。

急遽、お施主様に見て頂き了承の上で、 バルコニーの床も解体して作り直しです。

雨漏り修繕

雨漏り修繕

樹脂でできているデッキ材の下が プレートを継いで貼り付けている床になっており、

打ちつけているビスとプレートの継ぎ目からしみ込んでいました。

デッキ材の下は長年の土砂が溜まっていてドロドロ。

床の下地からやりなおしでFRP防水で改善します。

雨漏り修繕

問題解決のためには「即判断を」ですが、 何事も慎重に検証すべきだと思いました。

つづきはまた次回。

2019/01/15

A社の施工不良で起きた雨樋の水漏れの修繕

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォームの菊地です。

今回は雨樋の水漏れについてのお話です。

先日、無垢スタイルのOB様のお宅に定期点検でお伺いした際にご相談されました。

雨樋のジョイントのところから雨が止んでもポタポタと落ちてくるそうです。

しかし、この雨樋は、2、3年前の雪害により他社で新しいものに交換したそうです。

上から見てみると雨が降っていないのに水が溜まってしまっています。

問題は雨樋の勾配がきちんと取れていないことによるものです。

「新しい物に交換したらそれでお終い。」ではなく、

施工の基準やチェック体制が整っている会社にお願いするべきですね。

今回もせっかく直したものをまた直さないといけなくなりそうです。

雨樋修理・修繕も無垢スタイルのリノベリフォームまで。

スタッフブログ年別アーカイブ

水まわり商品が大特価!最大61%OFF

主催:さいたま省エネ・健康住宅協議会

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

災害救助法に基づく住宅支援について

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

家族にも環境にもやさしい住まいづくり

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談