スタッフブログ

2018/10/22

住まいの劣化を早める酷いベランダ施工

こんにちは、無垢スタイルのリフォームの稲垣です。

今回は防水についてお話しさせていただきます。

先日お伺いさせて頂いたベランダ、ビスが浮いているというお客様のお家のことです。

気になりましたので少しサイディングを外させて頂くと、

何年も前から水が回っていました。

防水シートを貼らずに施工されてしまっていた為、ビスが効かなかった様です。

私のほうで至急防水シートを施工させて頂きました。

すでに施工した会社はないとの事ですが、随分酷い施工だと思います。

先月は大きな台風がいくつも上陸しました。

故意ではないと思いますが、薄い紙一枚のために長年悩まされてしまう事になります。

私たちも人間ですので間違いがないとは言えませんが、大切なお客様の資産でもある住宅に携わる仕事を任されています。

この様なミスのない施工をしていきたいと思います。

防水や雨漏りのことでお悩みの方は、無垢スタイルのリフォームまでお問合せ下さい。

2018/09/24

雨漏りの原因は瓦棒葺きの屋根でした

こんにちは。

無垢スタイルのリフォームの菊地です。

気温が下がり過ごしやすくなってきましたが、雨降りの日が多くジメジメした感じが不快に感じる方も多いのではないでしょうか。

こんな雨が続く時期によくあるお問い合わせがあります。

そうです。『雨漏り』です。

先日も雨漏りのお問い合わせで、さいたま市のY様のお家へ伺いました。

Y様のお家の屋根は、昔からある瓦棒葺きという屋根です。

下の部屋に雨漏れが起こっています。

1年くらい前から漏れていたようで、Y様が室内に雨樋を作って被害が拡大しないよう対策をしていらっしゃいました。

雪止め金具を後から設置していたのですが、屋根にビス留めした穴から水が浸水してしまっていました。

今回はカバー工法という方法で工事を行わせて頂きました。

既存の屋根に新しい屋根を被せる方法です。

解体費と施工費を抑えることができます。

雪止め金具も挟み込むタイプの物で選定しましたので屋根に穴を空けずに施工できました。

台風シーズンは9月~10月頃まで例年続きます。

備えあれば憂いなしと昔から言いますが早め早めの対応をお勧め致します。

雨漏りでお困りの方も雨漏り診断士の所属する無垢スタイルのリフォームまで。

2018/08/30

大事に至らぬための早期の雨漏り発見

みなさんこんにちは。

無垢スタイルのリフォーム 丹波です。

今年は猛暑であったり、大雨が降ったりと自然災害が各地で大きな被害が出ております。

先日、内装リフォーム予定の現場で雨漏りのご相談があり現場調査へ向かいました。

玄関ホールの天井にシミができているのがわかり、リフォーム前に直そうと言うことになり放水テストをすることにしました。

考えられる箇所周辺にてホースで水をかけていきます。

増築部分のルーフバルコニーと既存の外壁の結合部分の可能性が高いと考え、サッシ周りと増築部分の結合箇所に隙間を発見し放水しました。

すると、内部が水で浸食。

今回内装工事があるため天井を開口し直視で確認することができて問題解決に至ることができました。

早期に発見できればいいのですが内部で起きていることが目に見てわかるまでに時間がかかることも多く、対処する手間が増えてしまうことがあります。

日々の点検で気付くこともありますので点検のご依頼がございましたらお気軽にお問い合わせください

スタッフブログ年別アーカイブ

リノベ・リフォーム祭 in アリオ上尾

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談