埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.05.21SAT雨漏れ修繕・リフォーム

外壁材の種類ごとの雨漏りの原因と対策を解説!

埼玉県の雨漏り修繕リフォームは無垢スタイル

こんにちは!4月より入社しました無垢スタイルの藤川大成です。


これから梅雨に入り、雨漏れが心配になるシーズンになります。

梅雨の時期を迎える前にご自宅の状態を確認してみてはいかがでしょうか


前回は屋根からの雨漏れについてご紹介しました。⬇︎

屋根材の種類ごとの雨漏りの原因と対策を解説!

今回は外壁からの雨漏れについて外壁材別にご紹介します!


モルタルの場合



経年劣化や直射日光による乾燥、地震などによって生じたひびから雨漏りしてしまうことが多くあります。

しかし全てのひびから雨水が侵入してしまう訳ではありません。

ひびの大きさによっては早急に補修が必要でない場合もあります。

自分で判断するのは不安だという方は是非一度お問い合わせ下さい。


モルタルは壁材の中でも比較的耐久性がありますが、
建物の構造や環境によっては想定よりも早く劣化してしまうことがあります。

塗装が劣化してモルタル外壁がむき出しになることで、耐久性が下がってしまうこともあります。

モルタル外壁をより長持ちさせるためには、塗装などの定期的なメンテナンスが必要となります。


サイディングの場合



サイディングは塗装の劣化やコーキングというゴムに似た素材で貼り合わされていて、
そのコーキングの経年劣化によって雨漏りを引き起こしてしまう原因になります。

コーキングは年数が経つと収縮、剥離、破断などを起こして、外壁に隙間が出来てしまいます。

古いコーキングを一度はがして、新しくコーキングを打ち直すことで補修することが出来ます。

塗装が剥がれると水はけが悪くなり、壁が水分を吸ってしまい劣化します。

コーキングの打ち直しの際に外壁塗装を行う方が多くいらっしゃいます。

サイディングもまた定期的なメンテナンスを必要とします。


バルコニーの場合



ベランダやバルコニーは自然環境の影響を直接受けるため排水溝に落ち葉やゴミが溜まりやすく、詰まりの原因になります。

また外壁の塗装の塗膜が劣化してひび割れが発生しやすくなっています。

定期的に排水溝の落ち葉やゴミの清掃を行い、詰まりを解消することが大切です。

外壁や床部分はFRP防水の塗り直しをするなど、定期的なメンテナンスが必要になります。


梅雨入り前に無料の屋根点検をご活用ください!

いかがでしたか。

これから梅雨に入り、雨漏れが心配になる時期が来ます。

無垢スタイルでは外壁事業部が無料点検を行っています。

是非この機会にお気軽にお声掛けください。


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!