埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.05.12THU雨漏れ修繕・リフォーム

屋根材の種類ごとの雨漏りの原因と対策を解説!

埼玉県の雨漏り修繕リフォームは無垢スタイル

こんにちは!無垢スタイルの藤川大成です。

もうすぐ梅雨の時期になり、一年で一番雨漏れが起こりやすいシーズンになります。

そんな時期を迎える前に今一度ご自宅の状態を確認してみてはいかがでしょうか。


今回は屋根からの雨漏れについてご紹介させて頂きます。


屋根材の種類ごとに異なる雨漏りの原因と対策

屋根といってもたくさんの種類の屋根材がございます。

それぞれの屋根材に対してどのような原因で雨漏れが発生して、
どのような対応を行えば良いか簡単にご紹介させて頂きます。


瓦屋根の場合



瓦の下のルーフィングが長い年月が経つことによって、伸縮しやがて破れ、その隙間から雨漏れしてしまう事例があります。

瓦自体は半永久的に屋根の効果を発揮してくれるため、メンテナンスは不要です。

しかし、長い年月によって割れやすくなって、台風や地震の際にひび割れやずれが生じた場合、
その下にある見えないルーフィングの部分が水に浸食されることによって雨漏れしてしまいます。


スレート屋根の場合



スレート屋根は長い年月によって塗装が剥がれ水分を吸い込み、水を通す状態になってしまいます。

スレート屋根は瓦とは違い、定期的にメンテナンスを必要とします。

しかし構造をよく理解していない業者がメンテナンスをすると、
塗装によって雨が流れる道までも塞いでしまい、雨漏れしてしまうといった事例が少なくありません。


陸屋根(屋上)の場合



陸屋根は構造上雨水が溜まりやすくなっていて、メンテナンスを怠ると劣化して雨漏れの原因になります。

また陸屋根の排水溝は屋根全体の雨水の他に、落ち葉やゴミなどが流れ込みやすいです。

落ち葉やゴミによって排水溝が詰まると、陸屋根に雨水が溜まりやすくなり、雨漏れしてしまいます。

定期的に排水溝のゴミを取り除いたりして詰まりを解消することが、陸屋根の機能の維持に繋がります。

しかしいくら日ごろの清掃をきちんと行っていても、屋根自体が劣化してしまうと工事が必要になります。


そこでFRP防水というものがあります。

FRP防水とは繊維強化プラスチックの層を陸屋根の床面に形成し、雨水の侵入を防ぐものです。

非常に軽量なものなので、建物にかかる負担も少ないというメリットがあります。


ガルバリウム屋根の場合

ガルバリウム屋根は割れにくいというメリットがありますが、
金属のため定期的にメンテナンスを行わないと錆びが生じ、穴が開き雨漏りの原因になります。

またガルバリウムに限ったことではありませんが、棟の下の木が劣化して釘が浮いてきて、屋根材が剥がれてしまうこともあります。

ガルバリウムはとても軽い素材のため、建物への負担が少なく葺き替えも可能です。

また棟だけの単品の交換も可能です。


梅雨入りの前に屋根の無料点検をどうぞ

これから雨漏り発生しやすい梅雨の時期になります。

屋根は見えない部分も定期的にメンテナンスを行わなければ劣化して雨漏れの原因になってしまいます。

無垢スタイルでは外壁事業部が無料で点検を行っています。

是非この機会にいかがでしょうか。お気軽にお声掛けください。


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!