電話でお問合せ

問合せ・資料請求

店舗・展示場

メニュー

スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

LIXIL

panasonic

お客様の声

アンティーク

イベント

セミナー

バスツアー

パナソニック

リクシル

リノベーション

リフォーム

一戸建て

増築

減築

相談

相談会

見学

評判

2019/09/23

一枚板のカウンターに使う木材を探しに

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォームの菊地です。

今回は材木屋さんへカウンター材を探しに行ったお話しをさせていただきます。

ご自宅を小料理屋さんに改装したいとお客様よりご相談頂き、お店の顔になる様なカウンター材を探して欲しいとご依頼頂きました。

そして、よく相談させていただくこだわりの強い材木屋さんに電話をして伺ってみると…

さすが大将。

すぐ見れる様に準備をしておいてくれました。

『値段も手頃だし良く”寝かしてある”この杉はどう?』

”寝かす”とは、乾燥期間のことを言います。

一般的に木材は乾燥期間が長いほど反りなどが少なく品質が安定します。

こう見ると少し汚れている木ですが、研磨をして塗装をするとこんな風になります。

今回お客様のリクエストで『赤身が多く、暖かい雰囲気の木』をお望みでした。

栃の木などいろいろ見させてもらいました…

イメージにぴったりの木『トガサクラ』を見つけました。

木が大好きな大将にこの木はこういう風に使ったらどう?こんな面白い木もあるよ。と、夏の暑さも忘れるほど楽しい時間でした。

お店の看板になる様なカウンターに年を重ねてなってくれればと思い力が入ります。

何か一つでもこだわりや、あなたらしさをスパイスとして配合するリフォームはとても素敵です。

せっかくですから、皆一緒じゃなくてもっとわがままなリフォームでいいです。

無垢材を取り入れた工事も無垢スタイルのリノベリフォームまで。

2019/09/22

水漏れの原因は屋外にあった!キッチン水漏れ修繕リフォーム

こんにちは!

無垢スタイルのリノベリフォームの中井です。

先日、さいたま市 K様よりキッチンの水漏れのご相談があり、即日伺わせて頂きました。

古いキッチンなので交換しなければならないのかとK様は気にされていて「キッチンの排水から・・・」というお話だったのですが

よくよく調べてみるとお家の外にある排水桝が詰まっていて、その部分を洗浄すると

正常に流れ出て解決いたしました!

お客様としっかり向かい合いながらご納得いただける形で、より良いお住まいにしていただくことが私たち住まいの問題解決業としての使命です!

どんなことでも、お気軽に無垢スタイルのリノベリフォームまでご相談ください!

2019/09/21

ツーバイフォー住宅を無垢の家にリノベーション!

こんにちは!

無垢スタイル リノベリフォーム設計室インテリアコーディネーターの鈴木香澄です。

以前ご紹介した、ツーバイフォーのおうちが完成し、お引渡しになりました。

【前回:ツーバイフォー住宅をリノベーション中!】

もともと、洗練された嗜好をお持ちの奥様。以前の床の色をとても気に入られていました。

赤みのある、落ち着いた色味ですよね。

岩槻住まいの体感モールを見学され、ウォルナットの床材を気に入っていただきました。

その他にも、赤松の無節やブラックチェリー、チーク、マホガニー、様々な樹種をご検討。

打合せの度に、ご夫婦でやっぱりこっちがいいかしら、あっちがいいかしらと悩んでいらっしゃいました。
お客様の嗜好の傾向とご要望の結果、最終的にチークに決定!

少し幅広のチークを乱尺で床に張ると、実に表情豊か。色味もとても華やかです。

また、今回特に重要ポイントだったのが、キッチンです。

もともと広いキッチンでしたが、壁で仕切られていて狭い印象がありました。

壁を取り払い、広々としたペニンシュラキッチンになりました!

お料理上手な奥様にも、仕上がりにとても喜んでいただけました。

特にこだわったのが天板。

天板にはクォーツストーンを使い、キラキラと美しいのはもちろん、耐久性も抜群です。

予算に限りはありつつも、妥協をしないポイントを貫いた奥様のこだわりです。

リビングダイニングとキッチンが一つにつながった大きな空間となり、開放感がありつつも、落ち着きのある空間となりました。

さて、前回のブログの最後にご紹介した、なぞのマーク。

・・・

長くなってしまったので、また次回に!

予算の中で、一番したいことは何かを明確にするとご満足のいくリノベーションになります。
お金をかけないと難しいかな、と思ってもぜひ一度ご相談ください!

2019/09/20

住む人の思いに応える温故知新のリノベーション

今年は四季が【濃いな】と感じている、社内建築家の末岡です。

春は桜の期間が長く、梅雨はほんとに晴間も見えない日々。

夏は相変わらず暑く、35度を超える日が続いたかと思えば八月下旬には夕立が。

その一つ一つが、日本の奥ゆかしさや風流を感じさせるものではなく、【激しい】という表現が一番しっくりくるので、季節が【濃い】と感じるのかもしれません。

日本の気候は温暖化の影響か、亜熱帯に近づいているとも言われています。

四季が3ヶ月毎にめぐる国は、唯一無二。

失われていくことのないよう、環境に配慮した暮らしを心掛けたいものです。

旅が好きなので、今年も実家に帰る前に三重に足を運びました。

同じ夏でも、感じ方が全然違います。

埼玉の夏も蒸し暑いですが、肌に焼け付くような暑さ。

静岡の伊東の海辺は海風が涼しく、三重も同じで、海辺の町は比較的カラっとしていたのに対し、内地の方は蒸し暑い。

大阪は湿度120%はあるんじゃないかというぐらい湿気が纏わりついてくる感じ。

面白いなぁと感じます。

昔の日本の建物は、【四季】の得に【夏】に快適に過ごせるように造られています。

寒さは衣類で調節しなさいって事だったみたいですね。

その為、隙間風だらけ、断熱材とか気密とかという性能は皆無です。

すごいのは自然の風を取り込んでる昔の家って本当に涼しいんです!

海辺の民家の記念住宅での出来事。

外気温は36度 真夏日にふと立ち寄ったこの場所には、クーラーなんてありません。

でも、北から南に抜ける風が本当に心地よい。

こういう建築に触れると、昔の職人さんや当時の建築技術って素晴らしいなと実感します。

これから、伝統工法で造られた建物のリノベーションをします。

古き良きを生かしながら、現在の技術を取り入れて快適な住まいを提供していきたいですね。

2019/09/19

駐輪スペース問題を解決!外構のお困りごとも無垢スタイルにお任せください!

こんにちは!
無垢スタイル リフォーム部門の佐々木です。

先日、リフォームのOB様からご相談の電話が…
「普段自転車をここに止めているのだが…雨が降った時に汚れるし、使い勝手が悪いんだよ~」とのこと。

幅も少し狭めのため、雨が降って足場が悪いと自転車の出入りも億劫になってしまいますね…

そこで、土間の範囲を少し拡大しました。

以前よりも使い勝手がよくなりました。

お客様も大変喜んでくださり、私もうれしいです

小さなお困りごとでもぜひ、無垢スタイルのリノベリフォームまでお気軽にご相談ください。

お見積もりだけであれば無料で行います!

スタッフブログ年別アーカイブ

オンラインライブでわかりやすい!
おうちで気軽に学ぶワンポイント講座

店舗に行かなくても自宅で気軽に相談
土・日・祝日のご相談もOK!

各種リフォーム

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ