埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.08.10WEDバリアフリーリフォーム

介護住宅改修助成金のご提案。バリアフリーリフォームでお年寄りに優しい住まいへ

埼玉県のバリアフリーリフォームは無垢スタイル

こんにちは。無垢スタイルの中野目謙(ナカノメ ケン)と申します!
「助成金」についてご案内させて頂きます。


突然ですが、
お家のリフォームやリノベーションに助成金が活用できるのはご存じでしょうか?
助成金と一概にいっても様々種類が御座います。
今回はその中で介護住宅改修の助成金についてご案内させて頂きます。


築古住宅の急な階段や段差はお年寄りの方にはつらい障壁に

お母さま、お父様のために現在住んでいるお家を、
より住みやすくリフォームを検討している方、いらっしゃいませんか?


人間どんなに元気な人でも老いには敵いません…


築25年、30年以上のお家ですと階段が急な角度であったり、
部屋と部屋の間に段差があったりなど、
足腰が悪くなってくる年齢の方々にはとてもつらい障壁になっていきます。


小さな段差でつまずいて大きな事故につながる可能性も大いに御座います。


現在の新築のお家ですと、お家の中に段差が少ないバリアフリーな住宅がほとんどです。


無垢スタイルでは介護住宅のご提案も得意で行っています。


助成金が使える条件は?浴室の施工事例も紹介

どんな方が利用できるのかといいますと、
年齢が65歳以上で【要介護認定】を受けている方が利用できます。
要介護認定というのは、お体の健康状態がどのくらいのレベルにあるのか。という指標になっています。
この認定の数値によって補助が受けられる金額が前後するような形になります。


また、【介護予防保険】といった【要介護認定】受けていない元気な状態でしか利用できない助成金もございます。
具体的な工事内容としましては、段差の解消であったり、階段に手すりを取り付けたりなどになってきます。


Before 浴室のリフォーム前

こちらはお風呂の写真になります。
段差があったので、こちらを床とバリアフリーにさせて頂きました。


After 浴室のバリアフリーリフォーム後

こちらが施工後の写真になります。
段差がなくなり、フラットな空間になりました。


介護福祉士の有資格が幅広いご提案をいたします

無垢スタイルでは介護福祉士の資格を持ったスタッフが在中しておりますので、
資格を持ったプロの観点から最適なご提案をさせて頂いております。


また、現在元気な状態であっても将来のためにバリアフリー等のリフォームをする方もいらっしゃいます。


介護保険や介護予防保険といったリフォームをお得に行うことができる方法もいくつか御座いますので、
お客様にとって一番最適な形になるよう、ご提案させて頂きます!


無垢スタイルでは新築、リフォーム、不動産の三位一体でお客様に最適なご提案をさせて頂いております。


また、地域密着でさいたま市を中心に行っており、
アフターやメンテナンスなども徹底して行っていますのでご安心ください!
介護関連以外の事でも些細なことや気になることなど御座いましたらいつでもお声掛けください。お待ちしております!


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!