スタッフブログ

2013/10/28

受け継がれていく建物 耐震補強も無垢スタイル

こんにちは、設計のあっちゃんです。

私がこの建物を訪れた時は、完成は100年後とも言われておりました。

スペインにあり、世界遺産で、アントニオ・ガウディの作品である、サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪協会)です。

あれから15年、技術の進歩、人手の増加などによりなんと13年後のアントニオ・ガウディの

没後100年にあたる2026年に完成する予定になったそうです。

完成形を見られる可能性があるのは、うれしい事ですが、永遠に作り続けられてほしいような気もします。。

1882年より建築している建物の存在感に圧倒されると共にこれまでの数多くの人々の想いを感じることが出来ました。

日本人彫刻家も携わっております。

同じ志で何世代も受け継いでいく、この教会だけでなく、私たちの身近な住宅にも言えるのではないでしょうか。

日々暮らしている家を次世代に残す。とても良いことではないでしょうか。

弊社では、中古住宅の耐震診断・リフォームを行っております。気軽にご相談ください。

2014/02/20

もうすぐ3年 ?地震対策も無垢スタイル

東日本大震災からまもなく丸3年が経とうとしています。 住宅に携わる人間として気になるニュースがありましたので皆様にも正しい知識を持って、 事前対策をしてもらいたいと思いお伝えいたします。 2011年3月の震災で液状化した地点の数が9700地点であり国が発表した数の3倍… 関東が9割超すことが明らかになりました。 この度、2011年3月の東日本大震災で関東、東北地方189市区町村の9678地点で 液状化現象が起きていたことが、関東学院大と防災科学技術研究所による初の全国調査でわかりました。 大震災から5か月後に国が発表した地点数の約3倍に達し、 全体の9割以上が関東で起きており震源から400キロ・メートル以上と遠く離れた地点でも確認された。 今も尚、発生が心配されている南海トラフ巨大地震でも、液状化が関西や東海地方の平野部などで 広範囲に起きる恐れがあり、地盤改良などの対策が急がれています。 液状化 (2014年2月6日 読売新聞より)大震災による液状化は、国土交通省が11年8月に、 東京湾岸の埋め立て地や利根川流域を中心に関東の3332地点で発生したと発表していましたが、 関東学院大の若松加寿江教授(地震地盤工学)らは、自身や自治体などの調査結果も加え、 地表を250メートル四方に区切り、その中に液状化が1か所以上あれば1地点と数える 方式で全国的に調べたところこのような結果を発表しました。 既存住宅の耐震診断や建築予定地の地盤調査は地域で実績のある住宅会社に依頼するのが一番です。 お気軽にご相談ください。

2013/03/07

耐震リフォーム&キッチンリフォーム ?耐震リフォーム

こんにちは無垢スタイル中島でございます。

浦和区N様邸の改装工事が完工いたしました。

耐震工事をメインに計画をたて、国の耐震基準を満たす補強を行うことで

さいたま市からの助成金を受けることもできました。

今回は、耐震補強と一緒に長い間愛用したキッチンも交換させていただくこととなりました。

 Before 

20130307_r_n_01.jpg

 After 

20130307_r_n_02.jpg

新しいキッチンは、LDKのメインとなりお部屋全体の雰囲気がとても明るくなり、

N様にも非常に喜んでいただけました。

無垢スタイルでは、耐震は当たり前のことと考え更により良いデザインや

生活環境のご提案を兼ねたリフォームをさせていただいております。

リフォームをお考えの際は、ぜひお問い合わせください。

ご連絡心よりお待ちしております。

スタッフブログ年別アーカイブ

水まわり商品が大特価!最大61%OFF

主催:さいたま省エネ・健康住宅協議会

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

災害救助法に基づく住宅支援について

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

家族にも環境にもやさしい住まいづくり

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談