埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.09.15THUバリアフリーリフォーム

身体に優しい住まいにの設備「手すり」について

埼玉県のバリアフリーリフォームは無垢スタイル

こんにちは、無垢スタイルの野田です。
今回は健康寿命を延ばす住まいの設備
「手すり」についてお伝えしようかと思います。


手すりの必要性を考えてみる


手すりの写真

一般的に手すりは階段だけが設置義務になっています。
しかも義務化されたのは、2000年の建築基準法の法改正からなので
それ以前の住宅には階段の手すりが付いていない事もあります。


では、手すりを取付ける理由から考えてみましょう。
まずは、階段の手すりですが
元気な若者は、階段に手すりが付いていても
掴まらずに降りてきます。

でも、膝や足首を怪我などで痛めた時などは、
しっかりと手すりを掴んで降りてきます。
手すりは落下防止の役割と転落による怪我の予防になります。


次に、手すりを取付ける場所で特に多いのは、トイレです。
腰掛けている便座から立ち上がる時に利用する手すり。
これも、腰痛や膝痛などを患う方にはとても役立つ設備です。
少しの痛みや不安は手すりを使うことで身体のサポートになり
健康寿命を延ばす事にもつながります。


バリアフリーリフォームは助成金を活用しましょう

高齢化社会を突き進む日本は、
手すりを設置することを含むバリアフリー工事に、
色々な制度で助成金を出しています。
介護予防の観点で健康寿命を延ばして欲しいからです。
全ての人が健康で居たいと願って、
国も健康寿命を延ばして欲しいと手を尽くしています。


是非、家の中を見直して健康を意識してみて下さい。
住環境がとても大きな割合で健康につながっています。


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!