埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.12.17SAT床リフォーム

無垢フローリングの種類4つご紹介!

埼玉県で無垢フローリング施工は無垢スタイル

こんにちは。
無垢スタイルの建築コンサル部門の菊地です。


今回は無垢フローリングの種類についてお話をさせて頂きます。


無垢フローリングの木材の種類

無垢フローリングも木の種類だけフローリングがあります。
無垢と合板の違いを気にされる方は多いですが、
木の種類まで細かく指定される方はあまり多くない印象です。


赤松

→赤松という床材です。
木の種類は大きく分けて2種類になります。
葉が針の様に尖った針葉樹と葉っぱが丸く大きい広葉樹とに分けられます。
松や杉は針葉樹に分類され柔らかく加工が容易なので
柱や梁などの建築材として多く使用されています。
針葉樹をフローリングに使用するメリットとしては、
柔らかいので木の温もりを直に感じることができます。
足や腰に掛かる負担も少なくなります。
デメリットとしては、柔らかいのでフローリング自体に傷が付きやすいです。
小さいお子様がいて神経質な方にはあまりお勧めできないです。


塗料をつけた無垢材の変化

床材は無塗装でも良いのですが、 自然の物なのでささくれたり反りが出る場合があります。
この様な事象を防ぐ為に木材に染み込む様なステイン系という塗料があります。
この塗料で色を付けることができますので同じ床材でも印象をガラッと替えることができます。


オーク

→オーク(ナラ)の床材です。
広葉樹という種類のフローリングになります。
広葉樹をフローリングにするメリットとしては、硬さがあるので傷が付きにくいです。
合板とあまり大差なく使用することができるので、
無垢材は使いたいけど傷を気にして生活したくない人にお勧めです。
デメリットとしては針葉樹と固く冷たい印象を受けることですね。


チェスナット

→チェスナット(栗)のフローリング材です。
鋸引きという加工がしてあり、敢えて表面にダメージを与えています。
店舗などで無骨な雰囲気を出したい場合などに使用します。
一般のご家庭ではあまり使わないかもしれません。
チェスナットのメリットは耐久性が非常に高いです。
水回りでも使用することができます。
チェスナットのデメリットは無垢材特有の膨張や収縮のあばれが他の木に比べて強く出る傾向にあります。


住まいの体感モールで様々な床材をご覧ください

この他にも『岩槻住まいの体感モール』では、
沢山の種類のフローリング展示を見ることができます。
無垢材は気になっているけど実際に見て触ってみたい!という方は是非一度ご来場下さいませ。

住まいの体感モール

無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!