埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.07.29FRI給湯器・エコキュートリフォーム

給湯器とエコキュートの違い〜エコキュート編〜

埼玉県の給湯器・エコキュートリフォームは無垢スタイル

皆さんこんにちは!無垢スタイルの関根です。
今回皆様にご紹介させて頂く内容は「給湯器とエコキュート」です。


前回は給湯器の歴史を交えて書かせて頂きました!

今回はエコキュートについて書かせて頂きます!!


エコキュートの特長

エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といいます。
ヒートポンプ技術によって空気の熱を利用し、お湯を沸かす家庭用給湯システムのことです。


安い夜間電力を使用して効率良くお湯を沸かすので、とても省エネ。
ガス給湯器よりもランニングコストを抑えられることから、
近年注目が高まり、買い替えを検討する人も増えているようです。


エコキュートの仕組み



エコキュートは大きく分けて「ヒートポンプ」と「貯湯タンク」の2つで構成されています。
「ヒートポンプ」とは、エアコンの室外機と同じ形状をしている「熱をつくり出す機械」。
「貯湯タンク」は、沸かした湯を貯めておくタンクのことで、大きな冷蔵庫のような形をしています。


エコキュートの第一の特徴は「空気の熱を使ってお湯をつくる」こと。
具体的には、以下のようなサイクルを繰り返して、貯湯タンクに沸かしたお湯を貯めていきます。

  • 1:ファンを回転させて外気をヒートポンプ内に取り込み、ユニット内の冷媒(二酸化炭素)を温める。
  • 2:温められた冷媒を圧縮機に送り、圧縮することで約90℃の高温にする。
  • 3:高温になった冷媒を、別の熱交換器を介してタンク内の水を温める。
  • 4:その後、冷媒を膨張弁にかけて膨張させ低温にする。
  • 5:タンク内の高温のお湯に設定温度になるよう水を混ぜて、お風呂や台所、洗面などに給湯されます。

エコキュートとガス給湯器の違い



エコキュートとガス給湯器。このふたつの大きな違いは、お湯をつくる燃料と仕組みです。
エコキュートは少量の電力と空気の熱を使ってお湯をつくり、お湯をタンクに貯めて利用します。
一般的なガス給湯器は、ガスによって配管を熱くして、その中に水を通すことでお湯をつくります。
必要なときに必要なだけ、たっぷりと新鮮なお湯を使えるのが特徴です。


なんとなくで結構です!!違いはお分かりになられましたか?
さらに詳しいご説明や、皆様のご家庭に合わせたご提案と最適な熱源をご提案させて頂きます!
ので!是非気になる方はお気軽にご連絡頂ければと思います!!


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!