埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.07.19TUE内装リフォーム

サッシの種類ごとのメリット・デメリット

埼玉県の窓リフォームは無垢スタイル

リノベリフォームコンサルティング部門の芳賀あいさです。


暑さも日々増していき、本格的な暑さもすぐそこまで来ているようです。
 熱中症に気を付けながら頑張って仕事を覚えられるように努力しています!


今回のブログは、「サッシ」についてです

サッシという言葉は聞きなれない方も多いと思います。
サッシとは窓枠のことです。
このブログでは、サッシの色や種類による印象の違いを紹介していきます!


アルミサッシ


アルミサッシ

  • ・メリット:耐久性が高い
  • サビや腐食に強いので、見た目がいつまでも美しく、他の素材より長持ちします。入手しやすく他の素材に比べて、低価格で交換できます。

  • ・デメリット:断熱効果が期待できない
  • 熱伝導率が高いため断熱性が低くなり、断熱効果があまり期待できません。
    特に冬場の部屋が冷えて結露しやすくなり、夏場は部屋の気温が上昇します。
    そのため、エアコンの電気代や暖房費もかさんでしまします。


スチールサッシ


スチールサッシ

  • ・メリット:耐火性が高い
  • 耐火性に優れていますので、公共施設の入口やお店の入り口などにも使用されています。
    防火地域や準防火地域では、防火扉が義務付けられていますが、そのほとんどがスチールサッシです。

  • ・デメリット:扉が重くなる
  • スチールサッシは他の素材に比べて重さがあるため、開閉に力が必要です。
    本体よりも先に戸車が傷んできます。
    また、経年で施錠がスムーズにいかなくなり、サビにも課題が残ります。


樹脂サッシ


樹脂サッシ

  • ・メリット:断熱効果が高い
  • アルミに対して熱伝導率が約1000分の1と低く、断熱効果が非常に優れています。
    実際に、アルミ製のサッシを採用した家に比べて、樹脂製サッシを採用した家は室内温度が夏場は2℃低く、
    冬場は4℃高くなるという実験結果も出ています。結露も少なく、窓のタイプやデザインにも多く対応できます。
    組み合わせるガラスの構造によっては高い防音効果も期待できます。

  • ・デメリット:価格が高くなる
  • まず価格が高いことが挙げられます。次に強度が金属のサッシ程ないため、重くなってしまいます。
    最後に、紫外線に弱いことが知られています。ただ非常に頑丈なアルミサッシに比べると弱いということで、
    まわりの状況やメンテナンスによっては30年程は持ちますので、重大なデメリットととは言えません。
    日差しの強いところは、他の素材のサッシにするようおすすめください。


サッシのご相談は無垢スタイルで!
サッシだけではなく幅広くリフォーム工事を行っていますので、
些細な事でもお気軽にお声掛けください!


サッシの他にも外壁や断熱などたくさんの種類が展示されている、
住まいの体感モールにきてみてください!


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!