電話でお問合せ

問合せ・資料請求

店舗・展示場

メニュー

スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

LIXIL

panasonic

お客様の声

アンティーク

イベント

セミナー

バスツアー

パナソニック

リクシル

リノベーション

リフォーム

一戸建て

増築

減築

相談

相談会

見学

評判

2020/12/22

わずか2日のスピード施工!従来型キッチンからシステムキッチンへリフォーム

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォームの菊地です。

今回は短期間でキッチンの交換を行わせて頂きました。

今では珍しい二層式のシンクです。
大量の水を流すともう片方に逆流してしまうそうで交換することにしました。

1日目は解体工事。水道関係の工事です。

2日目にキッチンの設置と水道関係の結びを行いました。
レンジフードは以前に交換されていましたので再利用しました。

「コロナ禍なのでなるべく工期を短くしてほしい」と言うのが今回のオーダーでした。

部分的に交換するかどうか迷われていましたが、
全て交換して良かった。もっと早くにやればよかったとお喜び頂けました。

キッチン交換、水まわりのお困りごとも無垢スタイルのリノベリフォームまで
お気軽にご相談ください。

2020/12/21

無垢材の香りの違いも体感できる『住まいの体感モール』

こんにちは、無垢スタイルのリノベリフォームの稲垣です。

今回は、さいたま市岩槻区にある『住まいの体感モール』に展示されている
材木のサンプルについてご紹介いたします。
住まいの体感モールには、たくさんの住まいに関するコーナーがありますが、
今回、ご注目頂きたいのは、シンボルツリーと、廻りの材木のサンプルたちです。

シンボルツリーの廻りの置かれたたくさんのビンの中には
建築で使われる木材が種類ごとに分けられて保管されています。
色や木目を見たり、重さを確かめたりするだけなら、
その場に木材を置いて置くだけでよいのですが、
ビンに入れて、わざわざフタまでしているのには理由があります。

ここでは、木々の香りまで確かめられるんです。
木目の違いと同様、種類によって香りは木目以上に大きな違いが出ます。

どんなお部屋にするのか考えるときに、香りも考慮してみては如何でしょう。
クロスの柄も気になるけれど、無垢材の香りにもご興味のある方、
ぜひお気軽にご相談ください。

2020/12/20

地域密着だからこそ「住んでからが本当のお付き合い」

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォームの立石です。

無垢スタイルでは、新築を建てられてから10年目の定期点検に、
アフターメンテナンスのスタッフとリノベリフォームのスタッフが
一緒にお伺いしてお住まいの点検を実施しております。

30年後・40年後の住宅の劣化やメンテナンスを一番よく理解しているのは、
リノベーションとリフォームに携わっているスタッフだからです。

例えば、写真のようなちょっとしたコーキングのひび割れ
でも、ほっておくと雨漏りのリスクが高くなります。

そのような事象が起きたときの対策は、経験している人の助言が一番。

今必要なこと。2~3年後に必要なこと。
ずっと住んでいくお家ですから、正しいメンテナンスサイクルを知っておきたいですよね。
「転ばぬ先の杖」として、お役に立てたらとても嬉しく思います。

大切な住まいのメンテナンス・点検は無垢スタイルのリノベリフォームまで。
ぜひお気軽にご相談ください。

2020/12/19

愛着ある住まいの歴史を受け継いでいく、A様邸の耐震リノベーション

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォーム 設計室のジョージです。

今回は愛着ある家を耐震リノベーションしたA様邸のお話です。

元々はご年配のお母様がお一人で暮らしていた家をリノベーションして
A様ご夫婦とお子様と3世帯で暮らす事になりました。

「せっかく皆で一緒に暮らすのであれば家の劣化や耐震強度を改善して快適にしたい」

とのA様の想いをお聞きして、内部の間取りも少し変えながら耐震補強を行わせて頂き
使い勝手と安全性を共に高めたリノベーションをさせて頂きました!

A様は何でも自分で手を加える事がお好きで、今でこそDIYも当たり前となりましたが
DIYという言葉もまだ浸透していなかった頃から何でもご自身で手を加えてきたとの事です。

そういった愛着のあるものは一部既存のままにさせて頂いたり
何もかも新しくするのではなく、思い出の一部をあえて残させて頂きながら
新しく生まれ変わった空間と融合させました!

これからも新しいお家でご家族皆様との素敵な思い出を積み重ねて頂ける事を願っております。

耐震強度を改善していつまでもご自宅を大事にしたいとご希望の方は
無垢スタイル建築設計までお気軽にご相談下さい。

2020/12/18

雨漏れ・ひび割れを防ぐバルコニー防水層の修繕リフォーム

こんにちは!
無垢スタイル リノベリフォーム部門の片野です。

先日バルコニーの防水工事を行いました。

既存の下地が悪く、大掛かりな工事になってしまいましたが、
きちんと補修工事をした為とても綺麗に仕上がりました。

みなさんはバルコニーの防水層の耐用年数をご存知でしょうか?
防水層の耐用年数は10~15年前後すると老朽化してきます。

素材によって、耐用年数は最長12~20年程度と幅はありますが、
太陽の光などによって日々劣化していくため、ひび割れなどが発生する前に、
5〜15年を目安に早めにメンテナンスをしておきましょう。

【バルコニーの防水は重要。こんなサインが出たら補修工事を】

築5~15年経過しているかどうかにかかわらず、バルコニーやベランダの床で
以下のような異常を発見したら、補修工事をおすすめします。

・表面の色褪せ

・塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ

・バルコニー・ベランダに水がたまる

・植物や藻の繁殖

・雨漏り

バルコニーやベランダを歩いた時に、パタパタと音がしたら、早めにリフォームをしましょう。

既存の防水の状態が悪い場合や、長期間放っておいてしまった場合は、
防水層のひび割れや雨漏りを引き起こしていることがあります。

例えば、下地に合板を使用しているバルコニーでは、合板の接着材不良や、
合板の張り合わせ部分の剥がれが原因で、防水層が浮いてしまっていることがあります。

防水層やトップコートだけではなく、下地から作り直しや雨漏り箇所の修理が必要になるなど
大掛かりな工事になってしまうケースも少なくありません。

5~15年の周期でバルコニーやベランダの防水対策をしておくことが、
結果的に家全体を守ることにつながるのです。

バルコニーの防水工事・メンテナンスも無垢スタイルのリノベリフォームにお任せください!

スタッフブログ年別アーカイブ

東大宮のハレノテラスで住まいの相談会
【来場者限定】最大82%OFFセール!

『マンションリノベーションセミナー』
マンションならではのポイント教えます!

各種リフォーム

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ