埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.10.16SUN自然素材リフォーム

無垢材の上手な取り入れ方。体に優しい無垢材を住まいに

埼玉県の自然素材リフォームは無垢スタイル

こんにちは。無垢スタイルの立石です。
「自然素材の上手な使い方」と題しまして、今回は第2回目になります。


前回は、弊社での自然素材リフォームの人気ランキングのお話しをさせていただきながら、
限りあるご予算の中におさめながら
どのような点にポイントを置くと良いかというお話をさせていただきました。


弊社にお問合せいただく多くの方は、
『すべてを自然素材にしてリノベーション』ではなくて、
『予算の範囲内で収まる実現可能な取り入れ方をしたい』と
その範囲をいろいろ話し合いながらご採用いただくケースがほとんどです。


それでは、ここからは自然素材の中でも
「木材」に焦点をあててお話しさせていただきます。


無垢材の上手な取り入れ方3つのポイント

無垢材の上手な使い方のポイントはこちらの3つ。

  • ・部屋ごと/部位ごとに分けて考える
  • ・求める効果が高い順に考える
  • ・お手軽なところにワンポイントで採用する

ポイントごとに詳しく解説していきます。

部屋ごとに分けて考える

例えば、「リビング:無垢材フローリング⇔収納部屋:建材フローリングにする」といった方法です。
ご家族があつまるリビングは1日の中でも長くいるお部屋になりますね。
廊下・寝室・趣味部屋・収納な生活時間が短いお部屋は、違った床材で検討する。
このように、生活時間の長さを考えて部屋ごとに考えるという方法。

部位ごとに分けて考える

部屋ごとで分ける考え方も似ているのですが、部位ごとに採用するしないを考える。

  • ・床
  • ・壁
  • ・天井
  • ・ドア
  • ・巾木
  • ・カウンター材

無垢材カウンター 無垢材カウンター 無垢材ドア

ちなみに、立石の自宅では、床・天井・カウンターなどで採用したのですが、
居心地の良いリビングだけは天井に板を張ったり、
カウンター材は床と同じ栗材にしたりと楽しんでいます。

求める効果が高い順に考える

  • ・温度 夏サラサラ 冬ポッカポカの床材など
  • ・空気環境 呼吸(湿気を吸ったり吐いたりする特性など
  • ・肌ざわり 
  • ・優しい香り 
  • ・見た目の美しさ

五感で感じられる部分はとにかく大事にしたいですよね。
なかでも木材は経年変化で色味が変わりますので、
これもぜひ味わっていただきたいポイントです!


無垢材の経年変化の様子

部屋の約五割の面積を自然素材の木で仕上げると、そうでない部屋と比較すると
「寝つきがよく・熟睡しやすく・知的作業の効率も高い」という研究結果もあるんですよ。


なんとなく良いんだろうなとわかっているものの、
自然素材って使い方や使う数量でも得られる効果が違うんですね。

お手軽なところにワンポイントで採用する

これは部位ごとに分けるのと似ているのですが、もっと小さな小さなところから。
例えば、飾り棚やニッチで雰囲気を変えてみるといったことです。


ちなみにフローリング工事をするときには、ちょっと工夫するだけで
ついでに同じフローリング材で作れるものがあります。

  • ・棚板
  • ・ニッチのカウンター
  • ・ベッドのヘッドボード
  • ・キッチンの腰壁
  • ・壁付テレビの壁面 などなど

収納を作ったついでに、一緒に暮らす猫ちゃんのために棚板の端材でキャットウォーク!
こんなこともできちゃうんです。


無垢材キャットウォーク

無垢フローリングをご採用のときは、このような「ついでにできること」も、ぜひお試しください。

無垢フローリングの種類

さて、最後にみんなの憧れの無垢フローリングについてお話しします。
今後のフローリング選びの中でご参考になさってください。

単層

無垢フローリングと呼べるのはこの単層の一枚板だけです。

  • ■無垢フローリング
  • 一枚板:丸太を削って作ったもので、すべて同じ長さのもの
  • 乱尺:長い一枚板と短い一枚板が混在しているもの
  • ユニ:上記の乱尺をつなぎ合わせて1.8mほどの長い一枚としてつなぎ合わせたもの

複層

この合板との張り合わせを無垢フローリングと呼ぶ会社も存在します。

  • ■挽板フローリング
  •  2~3㎜無垢材のスライスしたものを合板に張り合わせたもの
  • ■突板フローリング
  •  0.8㎜前後にスライスした木材を合板に張り合わせたもの

違いが分かってくると材種や産地、香り、その特性、節の有無、等級の違いも知りたくなるもので、
きっとその頃には用途に応じて適材適所で使おうと思っていただけたら、
私たちとの打合せももっと楽しくなるのではないかと思います。


今回は自然素材の上手な使い方と題して、
主に木材(フローリング)についてお話しさせていただきました。
ぬり壁や壁紙のこと、目に見えない壁の中の構造材のことについても、
今後お伝えできればと思います。


「まずはリビングからやってみようかな」「まずは寝室だけやってみようかな」
それでいいんです。


今回のリフォームにちょこっと取り入れてみて、
思いのほか「これは良いな」と思ったら、ほかのお部屋でも次の時に採用する。
それぐらい手に入れるのが簡単になってますので、ぜひぜひ検討してみてください。


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!