埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.02.17THU外壁・屋根リフォーム

一見綺麗でも劣化が進んでいるかも。外壁と屋根のメンテナンスについて | 埼玉県の外壁・屋根リフォームは無垢スタイル

こんにちは。無垢スタイルのリノベリフォームの佐藤です。

今回は外壁と屋根のメンテナンスについてお話します!


一見きれいな外壁も実は…?触ってすぐにわかるサイン!



一見きれいそうな外壁ですが…



触ってみるとチョーキング現象が起きていました。

チョーキング現象というのは塗料に含まれている顔料が、 外壁の表面にチョークの粉のように浮き出てしまっていることをいいます。

プロでなくても分かる外壁塗り替えのサインですので、発見したら放置せずになるべく早く外壁塗装を行いましょう。


チョーキング現象は、紫外線による劣化が原因です。

放置してしまうと外壁は雨水を吸収していき、藻やコケ、カビの原因に繋がってしまいます。

さらに時間が経つとクラック(ひび)が起きる可能性もありますので、10年に1回のメンテナンスを検討しましょう。


2004年以降に施工したコロニアルはご注意!

よく聞くコロニアルとはスレート屋根の一種で多く使用されている屋根材です。

寿命は30年と言われています。



写真も築13年ですがよく見ると劣化が始まっております。

価格が安く、施工業者も多い、デザインやカラーが豊富というメリットはありますが、
2004年に石綿(アスベスト)が禁止になってから、非常に脆くなってしまいました。

現在は改善されつつありますが、2004年以降に建てた家はご注意ください。



ガルバリウム鋼板の葺き替えやカバー工法による施工をお勧めしております。


見た目が綺麗でも劣化が進んでいるかも。被害が出る前にプロによる無料点検をしましょう

無垢スタイルでは外壁・屋根の無料点検も実施しております。

ご自宅の外壁や屋根の状態が気になる、一度見てみたい… どんなメンテナンスをすれば良いのかわからない… などなど、ちょっとしたことでもぜひお気軽にお問い合わせください。

お客様のご自宅の状態とご希望に合わせ、最適なプランをご提案させていただきます。


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!