埼玉県のリフォーム・リノベーション・増改築・耐震補強・小工事・営繕工事【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2021.09.09THU外構・エクステリアリフォーム

人工木のベランダ手摺に交換。強度も色持ちも抜群です!

こんにちは、
無垢スタイルの稲垣です。


先日、木製ベランダ手摺の交換工事を承りました。

趣のある木製ベランダ手摺は、
弊社の新築でも採用しているほど、人気の商品です。



ただ、お手入をしていても、10年15年くらいで、色が黒ずんでしまったり、
すこし強度に不安が出てしまう事もございます。



メンテナンスを怠らなかった今回のお客様、
まだまだお使いになる事も、また木製の風合いを
気に入って頂いているご様子でもありましたので、
同じくデッキ材として使う セランガンバツ材をご提案いたしました。

色は、今より明るい茶色になりますし強度も十分とれる素材でしたが、
もう一つ、人工木のMINOをご紹介しました。


強度はもちろんの事、何年たっても大きく退色しない特徴が有り、
ベランダ手摺にはうってつけの素材。


検討の結果、今回はMINOをご選択されました。


施工方法は、一度ベランダの床より上は全て解体します。



それから金属のボルトや柱を使い頑丈な施工をしていきます。

縦の格子から、洋風の明るい横の格子に。



ベランダからの光は入りますが、目線は気にならない様隙間は調整しました。



違和感なく、横格子のベランダ手摺が完成しました。


ベランダ手摺を再度木製にしようか悩んでいる方
一度MINOをご検討されてはいかがでしょうか。

変わらない強度と退色しにくい色合いは、一見の価値はございます。


弊社、岩槻店でも外壁に採用しておりますので、
どうぞお気軽にご相談ください。