電話でお問合せ

問合せ・資料請求

店舗・展示場

メニュー

スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

LIXIL

panasonic

お客様の声

アンティーク

イベント

セミナー

バスツアー

パナソニック

リクシル

リノベーション

リフォーム

一戸建て

増築

減築

相談

相談会

見学

評判

2019/06/01

2×4工法の住まいも実績多数の無垢スタイルにおまかせください!

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォームの吉田です。

先日、2×4工法の構造部分の現況確認に行きました。

このような壁式工法は床面や天井面も構造体になっており、リフォームで吹抜をつくったりスキップフロアにする際は注意が必要です。

今回は、築年も浅く管理図面が残っていたことや、新築をした際に担当した設計士と連絡が取れ内容の把握ができたことから検証が進み、部分的に天井面の開放をすることが出来ます。

お客様のご要望がひとつ実現する瞬間でした。

木造以外の工法にお住まいの方。

メーカーの特殊な認定工法だから、他の会社には頼めないと思っていたり、聞いたりしている方、ぜひ無垢スタイルにお声がけください。

無垢スタイルのリノベリフォームでは、様々な工法でのリフォーム実績があります!

2019/05/31

リノベーションは消費税10%の増税前と後のどちらがお得か?

みなさんこんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォームのタンバです。

今年は平成から令和へと新しい元号となる年になります。

それと同時に消費税が8%から10%へと増税になります。

われわれ建築の業界では2%は大きく新築や購入、リノベーションとなると大きな負担になってきます。

前回の消費増税の際も増税後の需要の冷え込みなどが懸念され政府が様々な対策がありました。

今回の増税でも同様の懸念材料として考えられており政府が支援策を打ち出しました。

リノベーションの際に該当するものは以下になります。

①中古を買ってリノベーションの住宅取得によるもの

住宅ローン減税の控除期間が通常10年が13年に3年間延長になります。

住宅購入による消費税引き上げに対する負担軽減するための現金給付があります。

②リフォームリノベーション工事に関するもの

リフォーム最大30万ポイントが付与されます。プラス若者・子育て世帯には最大で30万ポイント、合計で最大60万ポイントが付与されます。

また住宅購入などで資金の贈与を受けた場合非課税の上限が1,200万円から3,000万円に拡大となります。

それぞれに対象となる条件などがございますのでお気軽にお問い合わせください。

消費増税で損をすると思われている方が多いようですが、こういった補助金、助成金などの支援策がありますので、もしかすると増税前よりメリットが出る方もいるのではないかなと思います。

リノベーションの資金計画のご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

2019/05/30

ペットの室内飼いならではの悩みとは?

こんにちは。

無垢スタイルのリフォームの菊地です。

昔は室外で飼われているペットですが、最近は室内で飼われる方が増えてきています。

出典 株式会社富士経済『 2017年 ペット関連市場マーケティング総覧』

猫の場合室内のみで飼育している割合は81.5%になります。

出典 株式会社富士経済『 2017年 ペット関連市場マーケティング総覧』

犬の場合室内のみで飼育している割合は71.2%になります。

室内でペットを飼育する場合のお悩み
・抜け毛
・ニオイ
・トイレの始末
・床・壁・家具のキズ
・室内の温度管理
お悩みはまた別の会で書かせて頂きます。

室内でペットを飼育する際にリフォームすることで快適に飼育することができると思います。無垢スタイルのリフォームまで。

2019/05/28

住まいの価値を下げないためのカビ対策

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォーム 無垢スタジオヴィラの吉田です。

梅雨入りも近づくこの季節。そんな梅雨に気になるのがカビです。

今日は、カビについてお話しさせていただきます。

カビの大量繁殖4大要素

①温度

20℃〜30℃の気温では元気に繁殖を始めます。30℃以上の真夏日と言われる気温では、カビにとっての快適な温度域でない為、繁殖のスピードは衰え、60℃以上になると多くのカビは死滅します。

②養分

住宅内部のあらゆるものが大好物。手脂や汗、垢やホコリなどを栄養分として増殖します。

③酸素

カビも呼吸しますので、酸素を必要とします。

④水分

カビは湿度70%〜100%で繁殖を行います。特に洗濯物の部屋干しなどでは、十二分なカビの生息環境が整われてしまいます。

以上4点を考えると…

室温を60℃以上にしたり、栄養分をなくしたり、酸素を無くしたりするには、宇宙に行かないとカビが無くなることは不可能です。

上記を踏まえた対策として現実的なのは、湿度を60%以下にすることです。

カビの生えやすいところは4つ!

①水廻り

お風呂やトイレキッチンなど水を使うところのカビは避けるの難しいですね。お風呂はユニットバスにしたり水捌けの良いものにすると改善されます。

②収納部

押入れやクローゼットなど空気の溜まりやすいところはいつの間にかカビがでてくるので要注意です。空気の入れ替えなどしましょう。

③大きな家具・家電の裏

手が届きにくく掃除もたまにしかしない部分はカビができやすいです。

④窓廻り

冬によく見る結露はカビの生えやすい候補になっています。北側の窓や断熱性の低い窓廻りによく見えます。

結露を放置すればカビ生え放題の家になり健康被害や家の劣化になります!

アルミサッシの窓や単板ガラスの窓は要注意です!

窓を断熱性の高いものに変えたり、内窓をつけたりなど対策があります。

カビは避けることのできないものですが、対策方法はいくつもあります。

カビによって家の劣化スピードが早くなりますので、未然に防ぐためにもカビが気になる方は、無垢スタイルのリノベリフォームまでご相談ください。

2019/05/27

リノベーションか?建て替えか?

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォームの立石です。

築10年の家を中古で買い、その後にこの業界に入った私ですが、そろそろ屋根と外壁塗装をしなければと考えていた矢先に、洗面化粧台の蛇口が壊れ、自宅のビルトインコンロ右側が着火しなくなりました。

そして、冷蔵庫から異音が。。

不具合が重なるというのは本当なのですね。

ふと我が家のことを真剣に考えてみました。

不具合を直すだけにお金を出すことってなんだか嫌なものだなと思いました。

なぜか損したような気持になるのです。

「間取り変更して対面キッチンにして、内装もかっこよくリノベーションをしたい。」

普段からそんなことを考えていたからかもしれません。

高額のお金を払うと考えた時に迷いがでました。

建替えちゃった方がよいのかな。

でも、お金がかかるしな。

とはいえ中途半端にしたくはないな。

また10年後にも同じことを考えるのかな。

普段、プロとしてお話させて頂いている自分でも迷うのですね。

お客様の気持ちがよくわかりました。

みなさまも行動の前に迷いや葛藤があるのですね。

目先の金額だけではなくて、10年、20年、30年先のことまで考えないとダメ。

なるほど、そういうことか! と、身をもって体感しています。

目の前の相談相手の方たちには、もっともっと寄り添ってお話ができるような気がしています。

スタッフブログ年別アーカイブ

オンラインライブでわかりやすい!
おうちで気軽に学ぶワンポイント講座

店舗に行かなくても自宅で気軽に相談
土・日・祝日のご相談もOK!

各種リフォーム

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ