埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.12.18SUNスタッフ日誌

「老い」は年月を重ねた証

埼玉県のリフォーム・リノベーションは無垢スタイル

こんにちは。無垢スタイルの吉田です。


私は「老い(おい)」
と言う言葉が嫌いではありません。
どちらかと言うと好きです。


似ている言葉で世間では「劣化」と言う言葉に置き換えて話をする人たちもいるようです。
「劣化」と言う言葉は好きではありません。
ちょっと言い回しが変なのは大嫌いでは無いからですが。


私の中では「老い」と「劣化」は違います。
それは明確に言い切れると私自身は考えています。
対象となる人、ものに対する敬意の払い方が違う気がします。


「老い」
と言うのは豊かさを感じます。
生きて来た様(さま)が奥行きのある、深みのある人間になっていくことを
「老い」と言う言葉だと重ね合わせています。


「劣化」
と言うのは何か刺々しい、そんな気がしています。
どんどん悪くなって行くような印象に聞こえてしまいますよね。
見た目や、少しおぼつかなくなってしまったこと、衰えにクローズアップし
それらの表面に対してスポット浴びせてるような形に思います。


命あるものは老いて行きます。
この、逆らうことのできない現象をよりよく捉えることのできる
性格でありたいな。と思っています。


人ではなくても生(せい)あるものは同じです。
住まいの話になりますが「無垢材」と呼ばれる材料があります
表現や捉え方が各社各様なので、当社で使用している厚み30㎜の赤松材
を引用したいと思います。


当社では積層材(合板)と対極にあるもの、
一枚の板(写真のような)ものを無垢材と呼んでいます。
(合板の表面だけを無垢の薄い材を接着しているものを「無垢材」と呼んでいる会社もありますの)


赤松

この無垢材は、切り出され命を終えたあとも

  • ・調湿効果が期待できる
  • ・断熱効果がある
  • ・足触りが心地よい
  • ・木の香りがする

などの性能を持っています。


しかも引渡後、お手入れ次第では色つやが増し、深みのある姿になります。
それを好きな方が大勢いらっしゃいます。
合板の床材では、なかなか、こうはいきません。


家族の過ごす年月とともに歳を重ねていく材料「無垢材」を
今後のお住まい計画の中では、ぜひ知っていただきたいと思います。


当社各展示場では、サンプルなども含めご紹介しておりますので是非お越しください。

北欧ヴィレッジ
デザインスクエア

無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!