埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.06.09THU内装リフォーム

家のイメージを作り出す「ドア」の種類をご紹介!

埼玉県のドアリフォームは無垢スタイル

こんにちは。無垢スタイルの鈴木力斗です。


突然ですが皆様、ドアの種類やデザインはたくさんあることをご存じですか?
ドア一つで部屋や外観のイメージがとても変わります。


今回はドアの種類や、人気のドアをご紹介致します。
ドアにはこれから紹介する3種類がよく使われています。
3種類の中でも種類が分かれているのでそちらも紹介致します。


開き戸

扉を手前に引くかまたは向こう側に押して開閉します。


開き戸のメリットは、最も一般的で気密性が高いところです。


開き戸のデメリットは、開閉時にスペースを取ってしまうことです。
前後に開閉するためスペースを取ってしまいます。
そのため扉が動く付近に物を置くことが出来ません。


また、扉を閉めるときに指などを挟む事件が起きやすいです。
こちらは開き戸ダンパーを設置することで防ぐことが出来ます。
開放していたい場合はドアストッパーを付けると良いです。


開き戸の仲間がこちらです。


片開き戸

扉一枚のもので、一般的なものです。



親子扉

開口部に大小の扉を二枚取り付けたものです。
日常的には大きい扉で開閉し、大きい荷物の出入りを行うときに両扉を開けて利用します。



引き戸

開口部の上下または上部のレールに扉をかませ、水平方向にスライドさせて開閉します。
上部だけのものを吊戸といいます。


引き戸のメリットは、開き戸のように扉の前にスペースが必要ないです。
また、扉が風で煽られることがないのでドアを開けたままにしやすく、開口幅を確保しやすいなどのメリットがあります。


引き戸のデメリットは、引き込みスペースを利用できないため気密性を高めにくいところです。
また、レール部分にゴミがたまりやすく、掃除が大変です。


引き戸の仲間がこちらです。


片引き戸

扉一枚をスライドさせます。
左右どちらかに扉一枚分の引き込みスペースが必要になります。
壁面に余裕が無い場所にオススメです。



引き分け戸

扉2枚を左右に分けるようにスライドして開閉します。
開口部を広く取ることが出来ますが、両側の壁面に扉の引き込みスペースが必要になります。



引き違い戸

扉2枚をすれ違わせるようにスライドして開閉します。
壁面に引き込みスペースはなく、左右どちら側でも開け閉めすることが出来ます。
引き戸のように同じようなメリット・デメリットがございます。



住まいの体感モールで様々なドアの種類をご覧ください

このように、開き戸と引き戸の中にも多くの種類がございます。
ドアリフォームを行うときは、スペースや家の中の条件や用途によって使いやすいドアをお選び出来ます。


私は個人的にハイドアがおすすめです。
コストが高く開閉が重たいですが、天井が高く見え、開放感や高級感がある為、おすすめです。



この他にも様々なドアの種類がございます。



岩槻の住まいの体感モールにも多くの種類のドアがございます。
ぜひ一度足を運び、ご覧になってはいかがでしょうか。お待ちしております。


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!