埼玉県のリフォーム・リノベーション・増改築・耐震補強・小工事・営繕工事【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2017.05.11THU外壁・屋根リフォーム

雨水からバルコニーを守るための防水工事

こんにちは。

無垢スタイルのリフォームの樋口です。

今回は、外壁塗装と一緒にすることが多い、 バルコニーの防水処置のお話です。

バルコニー防水リフォーム 工事前

皆さんも同じお家が多いかと思いますが、一般的なFRP防水というバルコニーです。

大体の方が、塗装と一緒に10年に1回のペースでメンテナンスされていると

思いますが、専門の防水の職人曰く、5年~6年に1回はトップコートを塗った方が

良いとのことです。

・・・今、専門の防水の職人と言いましたが、外壁塗装と一緒にバルコニーの防水をする場合、

塗装の職人がバルコニーも塗っていませんか?

実は、塗装と防水は別物で、必ずしも塗装の職人が防水に詳しいわけではありません!

それに、安易にバルコニーのトップコートだけを勧める業者も多いですが、

年数が経っていたり、下地が傷んでしまっているバルコニーは、トップコートだけでは

もちません。また数年後にすぐひび割れたりします。

そうならない為にも、無垢スタイルの外装リフォームではバルコニーの防水は、

専門の防水の職人が施工します!

バルコニー防水リフォーム 工事中1

白いシート状の物が、FRPというガラスの繊維のシートです。

これを敷いて塗り固めていきます。

バルコニー防水リフォーム 工事中2

上に、グレーのトップコートをして完成です。

バルコニー防水リフォーム 完成1

トップコートだけをしても、その場では見た目だけは綺麗になります。

ですが、それが何年持つかが重要です!

専門の協力業者を何人も抱えている、無垢スタイルのリフォームにご相談ください。