電話でお問合せ

問合せ・資料請求

店舗・展示場

メニュー

スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

Staff Blog

LIXIL

panasonic

お客様の声

アンティーク

イベント

セミナー

バスツアー

パナソニック

リクシル

リノベーション

リフォーム

一戸建て

増築

減築

相談

相談会

見学

評判

2020/06/14

住まいの体感モールにあるこだわりのデザイナーズチェア

こんにちは。

無垢スタイル建築設計 設計室の今井綾海です。

今回は、さいたま市岩槻区にある住まいの体感モールにあるデザイナーズチェアをご紹介します。

▼ザ・チェア(ハンス・J・ウェグナー作)

こちらの椅子は、アームと背もたれが美しい曲線で繋がれているのが特徴です。背もたれは、ぴったりフィットし、アームは幅が少し広くなっているため無理なく腕を支えてくれます。自然に体にフィットするので、リラックスして座って頂けます。

▼DCW (チャールズ&レイ・イームズ)

こちらの椅子は、座面や背もたれが広いのが特徴です。座面、背もたれは緩やかな曲線となっているため、木製ではありますがどこか柔らかく、体にフィットします。また、座面が背もたれに向かって傾斜があるので無理のない体勢で座ることができます。

▼ワイチェア(ハンス・J・ウェグナー)

こちらの椅子は、これまで紹介した2つとは座面部分の造りが異なるのが特徴です。使い始めは硬いですが使っていくうちにその人にフィットした形へ変化していきます。夏は涼しく、冬もヒヤッとしないのも特徴です。座面のフィット感とくつろぐときにちょうどいい位置にあるアームはくつろぎ感を感じられます。

今回紹介した3つの椅子は、すべて『住まいの体感モール』1階入り口横にあります。お立ち寄りの際にはぜひ座ってみてください。家の雰囲気に合った椅子を是非見つけて下さい。
住まいの体感モール以外の店舗や展示場にも様々な有名な椅子が使用されていますので是非ご覧ください。

2020/06/13

二世帯住宅を一世帯住宅にリノベーション!快適で開放的な大胆な間取り変更リフォーム

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォームの菊地です。

今回は、今月から始まった二世帯住宅を一世帯住宅へのリノベーションをご紹介をさせていただきます。

家族構成の変化により完全二世帯(玄関、水回りが別々)のお家を一世帯用に変更するリノベーション工事になります。

▼和室部分です。この部屋を洋室にしていきます。

押入れの裏に玄関があるのですが玄関も含めて大きなウォークインクローゼットに変更します。

▼解体をした様子です。

▼玄関は雨仕舞いを考慮して撤去せずに室内側から壁をつくり塞ぎます。

先行して1Fの工事をして終わり次第2Fの工事に入ります。

完成しましたらまた次回ご紹介させて頂きます。

間取り変更のリノベーションも無垢スタイルまで。

2020/06/12

さりげない苺色のアクセントカラーが可愛いリノベーション現場

こんにちは。

無垢スタイルのリノベリフォーム 片野です。

無垢スタイルに入社してから1ヶ月が経ちました!

先日、初めて訪問した施工現場の見学も、各お部屋にご家族の趣味趣向が込められておりとても素敵な空間が広がっていて、感動しました。

例えば・・・

こちらはH様のお母様が使うお部屋なのですが、写真の中央にある収納スペースの壁紙が赤色になっているのがわかりますか?

なぜここだけ壁紙の色が違うのか先輩スタッフに質問したところ、お母様が果物のイチゴが好きなため、赤色をアクセントカラーに入れたいとの要望があったそうです。

とても可愛らしいですねえ!

そしてこちらのお部屋も・・・

こちらは息子さんたちが使う予定のお部屋。

H様の息子さんたちが天井・壁紙を選びました。息子さんたちのフィーリングで選んだそうですが、デニム生地デザインのレンガ調になっていて個性的な空間で素敵ですね!

このように天井や壁紙などお部屋に自分の趣味趣向を取り入れてみたい、リノベーションをしたいとご希望の方は、無垢スタイルのリノベリフォームまでお気軽にお問合せ下さい。

2020/06/11

スマホやPCを使った『オンライン相談』も受付中!

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォームの稲垣です。

緊急事態宣言時に頻繁に耳にした『テレワーク』という言葉。

『テレ』と言うのは距離を縮めるとか、遠隔という意味との事です。

言われてみればテレホンや、テレビジョンは離れている人との会話や、映像のやり取りを可能にするものですし、以前の仕事で使っていたテレコンバーターは、レンズの焦点距離を倍にして、望遠レンズをさらに望遠にし、被写体との距離を縮める事ができる物です。

その他テレパシーや、テレポテーションなどにもテレが付きますが、そのような意味があるのかもしれません。

この様なご時世ですので、直接お伺いする事ができないお客様や、ご来店を慎重に検討されるお客様も大勢いらっしゃいます。

無垢スタイルもオンラインでの対応もさせて頂いておりますので、気になる点等ございましたら、どうぞお気軽にお申し付けください。

自粛支援給付金

お客様との距離を縮められる様、誠実に対応させて頂きます。

また、予約制になりますが、『住まいの体感モール』でもお待ちしております。

2020/06/08

屋根裏点検で住まいの健康状態を確認!

こんにちは

無垢スタイルのリノベリフォーム 三浦です。

今回は点検口のお話です。

現在、現地調査練習をしています。自宅の水廻りの様々なところを採寸したり、どんなメーカーさんの製品を使っているのか調べたり…。

少しずつですがスケールの使い方にも慣れてきたところです。

そんな中、私は人生の中で初めて、点検口を開けて中を見てみました。

私の自宅の点検口は浴室にあります。

下の左写真がその浴室の点検口です。

ここを開けると、右写真のように普段はあまり見ない未知の空間が広がっています。

箱のような形をしているものが換気扇です。このように設置されているのですね。

特に漏水やカビなどの故障要因となりそうなものは見られず、ひと安心です。

ちなみにこの換気扇。

皆様のご自宅の換気扇は、スイッチを入れると複数の換気扇が回ったりしませんか?

私の自宅は浴室・洗面所・トイレの換気扇が連動していて、どこか1箇所のスイッチを入れると全ての換気扇が動くようになっています。

このような換気扇の構造を「3室」と呼んでいます。

1室・2室・3室とあり、1つのスイッチを入れた時に連動して動く換気扇の数に基づいて名前が決まっています。

何とも分かりやすいですね。

皆様のご自宅はどうでしょうか?ぜひ確認してみてください。

この他にも柱や換気扇に繋がる管などが様々格納されています。

普通ならほとんど見ることのない空間です。

こういった場所のSOSも見抜けるように、日々勉強しています。

無垢スタイルのリノベリフォームでは、無料の住宅点検も行っております。

『天井のシミが気になる・・・』『外壁にヒビが入り始めた・・・』など住まいの不安・疑問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

スタッフブログ年別アーカイブ

オンラインライブでわかりやすい!
おうちで気軽に学ぶワンポイント講座

店舗に行かなくても自宅で気軽に相談
土・日・祝日のご相談もOK!

各種リフォーム

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ