埼玉県・東京都のマンション・戸建住宅のリフォーム・リノベーション・増改築は【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2022.05.16MON外壁・屋根リフォーム

カバー工法で屋根をガルバリウム鋼板に交換

埼玉県の屋根リフォーム・屋根塗装は無垢スタイル

こんにちは。無垢スタイルの立石です。

スレート屋根のお住まいでは、これまでのメンテナンスの頻度や度合、または、使われている材種によって、
塗装で済む場合と、葺き替え(剥がして張り直す)やカバー工法(金属屋根を被せる)が必要になる場合がございます。

今回はカバー工法についてお話しします。


カバー工法でガルバリウム鋼板に交換

こちらのお客様は塗装が不可能な屋根材が使われていることから、
ガルバリウム鋼板という比較的メンテナンス性のよい材種の屋根を選定させていただきました。


Before

このよく聞くガルバリウム鋼板って何??という方に、ちょっとした豆知識です。

このガルバリウム鋼板とは、金属鋼板にアルミニウム・亜鉛・シリコンでめっき処理をしたものを呼びます。

「軽量で耐久性が高く、サビにくい、お求めやすい価格」このような理由から、主流になりつつある屋根材になります。


ちなみに、金属性の屋根で一番耐久性があると言われているのは「ステンレス」の屋根。

ですが、費用が割高なため、一般住宅で採用されることはほとんどありません。

(私自身も実際に扱ったことはありません。)


今回はアイジー工業さんの「スーパーガルテクト」という商品を採用させていただき、
雨樋も一緒に交換をさせていただきました。

耐久性が高いということは、塗装のメンテナンス時期が、一般的に言われている10年に1度の必要がないということです。


After

防水シートを張った上に金属屋根を被せていきます。


After

初期導入費用としては、塗装の場合と比較すると割高になりますが、屋根材としての劣化の進み具合がスレート屋根とは格段に違います。

ご検討される場合には、10年・20年・30年後のメンテナンスについて、
どの時期にいくらくらいのメンテナンス費用を検討すべきか」という観点からご検討いただけると良いと思います。


住まいの体感モールで外壁や塗装の知識を身につけましょう

無垢スタイルの体感型ショールーム「住まいの体感モール」の、「外壁・塗装」ブースがリニューアルされました。

塗装の流れや、屋根材の比較などができるようになっておりますので、まだご覧になっていない方はぜひ一度見てみてください。

住まいの体感モールについて詳しく

高い所の工事なので、直接見ることが少ないでしょうから、こういった施設を通じてご確認いただくとイメージしやすいと思います。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。


無垢スタイルのモデルハウス・ショールームで、見て・触って・体感できます!

無垢スタイルでは便利な収納アイデアを体感できるモデルハウス・ショールームをご用意しています。
収納リフォーム、またはリノベーションをご検討の方は是非モデルハウス・ショールームにお気軽にお越しくださいませ!