埼玉県のリフォーム・リノベーション・増改築・耐震補強・小工事・営繕工事【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2019.08.16FRI床リフォーム

思入れが宿る赤松の無垢床

こんにちは、無垢スタイルのリノベリフォーム 稲垣です

今回は赤松の床板についてお伝えします。

無垢スタイルで使わせて頂いている床材の一つに赤松が有ります。
この赤松は、極寒の地、ロシアから樹齢300年以上の実生の赤松をシベリア鉄道に乗せて、はるばる日本に運ばれてきました。

その後しっかり乾燥させ、節をより分け製材していく過程を見てきた私には、とても思い入れのある床材です。

我が家も8年たち、だいぶ色が付いてきました。

新築当初は白い感じがしていたのですが、今ではこんな感じです

腰壁は3年以上たってから赤松を貼ったのですが、今では床と同じくらいの色合いになりました。

8年経過すると、当初、傷をつけたり、汚したりしていた子供たちも成長し、今では犬がその大役を担っています。

どんなに思い入れがあっても犬には全く関係ありません。
床を傷つけたりするだけでなく、粗相してしまう事もしばしば。

そんな状態で8年、それでもそれなりに保つことができるのは、赤松のお手入れの方法があるからです。

傷やへこみにはアイロンを、汚れやシミの予防には、ウッドライフと言う自然素材用のワックスを。

無垢材の床でお困りの事などございましたら、どうぞ御気軽にご相談ください。

実際のお手入れ方法、住まい方、お伝えいたします。