埼玉県のリフォーム・リノベーション・増改築・耐震補強・小工事・営繕工事【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2019.06.16SUNスタッフ日誌

換気性の高い家づくりのポイント

こんにちは。
無垢スタイルのリノベリフォーム 無垢スタジオヴィラの吉田です。

突然ですが問題です!

Q.心地よい通風をとるのに効果的な建物は?

① 低い位置と高い位置に窓を設置する。
② 入り口の窓は大きく、出口になる窓は小さく設置する
③ 欄間(ランマ)を設置する
④ 各部屋に窓を一ヶ所だけ設置する。

答え:① ③

解説:

風に押される力(正圧)によって家の中に流れ込みます。 その後、風に引っ張られる力(負圧)によって外へでていきます。 屋根の棟や天窓など窓の高低差があると風が良く通ります。 また、③のように欄間があると障害物もなく風が通ります。

正圧と負圧ってご存知ですか?

例えば、家の玄関のドアが風に押されて開けにくいときなどありませんか?
それが負圧です。
室内側の空気が換気機器などにより強制的に室外側へ排出され、常に室内側が空気を必要としている状態のことをいいます。
酸欠とは違うので気付かない方も多いのでは?

換気扇などで排気し続けると家の中は負圧になり、反対に空気を取り込み続けると正圧になります。

この現象を利用してトイレの換気扇をかけ負圧にすると臭い廊下やリビングに流れず、外へ排出されます。

廊下の無い家も最近多く、トイレの臭いなど気にされる方は参考にしてみてください。

快適に過ごすために風の流れを気にして過ごしてくださいね。