埼玉県のリフォーム・リノベーション・増改築・耐震補強・小工事・営繕工事【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2020.12.18FRI雨漏れ修繕・リフォーム

雨漏れ・ひび割れを防ぐバルコニー防水層の修繕リフォーム

こんにちは!
無垢スタイル リノベリフォーム部門の片野です。

先日バルコニーの防水工事を行いました。

既存の下地が悪く、大掛かりな工事になってしまいましたが、
きちんと補修工事をした為とても綺麗に仕上がりました。

みなさんはバルコニーの防水層の耐用年数をご存知でしょうか?
防水層の耐用年数は10~15年前後すると老朽化してきます。

素材によって、耐用年数は最長12~20年程度と幅はありますが、
太陽の光などによって日々劣化していくため、ひび割れなどが発生する前に、
5〜15年を目安に早めにメンテナンスをしておきましょう。

【バルコニーの防水は重要。こんなサインが出たら補修工事を】

築5~15年経過しているかどうかにかかわらず、バルコニーやベランダの床で
以下のような異常を発見したら、補修工事をおすすめします。

・表面の色褪せ

・塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ

・バルコニー・ベランダに水がたまる

・植物や藻の繁殖

・雨漏り

バルコニーやベランダを歩いた時に、パタパタと音がしたら、早めにリフォームをしましょう。

既存の防水の状態が悪い場合や、長期間放っておいてしまった場合は、
防水層のひび割れや雨漏りを引き起こしていることがあります。

例えば、下地に合板を使用しているバルコニーでは、合板の接着材不良や、
合板の張り合わせ部分の剥がれが原因で、防水層が浮いてしまっていることがあります。

防水層やトップコートだけではなく、下地から作り直しや雨漏り箇所の修理が必要になるなど
大掛かりな工事になってしまうケースも少なくありません。

5~15年の周期でバルコニーやベランダの防水対策をしておくことが、
結果的に家全体を守ることにつながるのです。

バルコニーの防水工事・メンテナンスも無垢スタイルのリノベリフォームにお任せください!