埼玉県のリフォーム・リノベーション・増改築・耐震補強・小工事・営繕工事【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2016.08.22MONスタッフ日誌

後悔しないハイセンスな壁紙の選定ポイント

皆さん、こんにちは!無垢スタイル リフォーム設計室 ICの吉野です。

この暑い時期、皆さんは体調を壊されていませんか 外気温は33℃以上あります。

帰宅すると熱気が凄いです。

そういう時に無垢スタイルの自然素材や24時間換気ができる

ブリーズシステムがあって欲しいなぁ~と感じさせられますね

さて今回は、壁紙についてお話したいと思います。 まず、弊社が使用する壁紙こんなにあります。

各メーカー 壁紙

これらは各メーカーの一部になります。

種類が多いので、初めてご覧になられた方は、どれも素敵な壁紙で目移りしてしまうと思います。

今回は、その選定時のポイントをお伝えします。 ご参考頂けば幸いです。

◆ポイント1 まずテイストを決めましょう

主に、ナチュラル・モダン・クラシカル・リゾート・アジアン・フレンチシックなど多くのジャンルに分けられます

それらによって使用する色が変わってきます。

床材を決めてから、ベースカラーを決めて統一させていきましょう

床・壁・天井の色、配置 家具との組み合わせにより印象が変わっていきます

◆ポイント2 「どこに」壁紙を使いたいのか決める

それぞれ壁紙には消臭効果や汚れ、撥水など様々な機能があります。

例えば、玄関はその家の印象づけるいわば顔です。

人の行き来が多くお客様をお迎えする大切な場所に

傷やにおいに気を遣うのも、おもてなしの一つになります。

各メーカー 壁紙
上記、トキワパインブルS参考

◆ポイント3 アクセントでインテリアのグレードを上げる

色で遊ぶと印象的で素敵な空間に仕上がります

無難な白や落ち着きのあるクロスを選びがちですが、 独立の空間は柄や濃いクロスを使うのもオスススです。

各メーカー 壁紙
※上記、トキワパインブルS参考

◆ポイント4 ライフスタイルに合わせる

また配色に気を付けましょう。

色を上手に使うと毎日が楽しく過ごせます。

ベースカラーのホワイトを選ぶ際には、白過ぎないのがポイントになります。

淡い色は空間に明るく広く見せる効果があり、

オフホワイトやベージュ・グレーなど薄い色は明るすぎないので、 まぶしさによる不快感がありません

自然光に当てるのと室内の照度と見え方が異なりますし

カタログの小さなサンプルだと、面積効果によりワントーン濃く見えます。

メーカーに問い合わせしA4サイズのサンプル取り寄せし色合い等、確認しましょう。

以上、ポイントになります。 イメージが湧かない。難しく思われるかと思います。

内装の仕様決めは、提案含めて お客様と組み合わせを考え一緒に楽しんでいきましょう!