埼玉県のリフォーム・リノベーション・増改築・耐震補強・小工事・営繕工事【無垢スタイルのリノベリフォーム】

スタッフブログ

Staff Blog

2016.07.19TUE耐震診断・耐震補強リフォーム

熊本地震の被害から学ぶこと

こんにちは、無垢スタイルのリフォームの立石です。

熊本地震における建築物被害の原因が見えてきました

国土交通省が開催する

「熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会」第二回の報告が出ました。

日本建築学会の調査と過去の航空写真とをすり合わせた結果で、

木造建築においての被害は、下記のような分析になるそうです。

【現行の建築基準法での建物】 242棟

・倒壊 7棟(2.9%) / ・大破 10棟(4.1%)

【新耐震基準の建物】 800棟

・倒壊 73棟(9.1%) / ・大破 78棟(9.8%)

【旧耐震基準の建物】 702棟

・倒壊 225棟(32.1%) / ・大破 124棟(17.7%)

【※該当なしの建物】 99棟

阪神・淡路大震災との比較 421棟のうち

【新耐震基準の建物】 13棟

・倒壊 1棟(8%)

【旧耐震基準の建物】 408棟

・倒壊 77棟(18.9%)

数値としても、熊本地震の建物被害は阪神・淡路地震を上回るものでした。

この結果から、柱や筋交いを繋ぐ接合部仕様が不十分であったことが、

被害の大きな理由のひとつとして推測されます。

(仕様規定のある2000年基準の建物でも4棟倒壊)

現地を見てきた私個人の見解では、もうひとつ地盤の状況も左右しているのではと思います。

県道28号から北側(益城町役場以北は土地が高い)と南側(秋津川付近は土地が低い)では、

それくらいの違いを感じたからです。

今後、もっと詳しい内容が見えてくると思いますが、

それよりも台風シーズンが到来する現地の様子も心配です。

テレビ番組ではくまモンが登場して現地の様子をアピール。

現地の本当の姿を伝えて欲しいと思います。