電話でお問合せ

問合せ・資料請求

店舗・展示場

メニュー

スタッフブログ

2012/09/21

簡単便利な耐震補強工事 ?さいたま市の耐震診断 無垢スタイル

こんにちは、おっくんです。

建築基準法の耐震基準の規定が1986年(昭和56年)に改正されたことはご存知の方も多いかと思います。

簡単に言いますと「壁量の再強化」です。

耐震の基本は①「壁量」です。揺れに対しては壁でこらえるということ。

しばらくその基準できていたのですが、1995年3月17日阪神・淡路大震災が起き、

その基準で建てられていた家も多く倒壊しました。

その後研究が進み、2000年に建築基準法が改正になり、その時に規定されたのが、

②「壁配置のバランス」③「接合部の補強」です。

接合部の補強というのは、簡単に言うと「軸組みが外れてしまわないように金物でしっかり接合する」ということ。

新築ではあらかじめ壁の内部に取付できますが既築となると、

接合部の補強工事に合わせて内装のリフォームも必要になります。

ただ、現場の状況によっては室内からの取付が難しい場合もあります。

その時に有効なのが、外付けのHD(ホールダウン)金物。

20120921_r_o_02.jpg

1.アンダーパーツを基礎に直接設置。

2.アッパーパーツを外壁の上から柱に縫い付ける。

3.上下のパーツをボルトとスプリングでつなぐ。

この金物で7.36tという強力な引き抜きに耐えられます。

阪神・淡路大震災の時の引き抜きが最大2t 程だったという実験データが出ています。

この金物で接合してあれば、同じクラスの大地震が来ても「柱の引き抜き」に耐えることになります。

「備えあれば憂いなし」少し心配な方は、無垢スタイル建築設計 まで、

耐震診断をご依頼ください。


同じカテゴリ(耐震診断・耐震補強リフォーム)の記事

Works
施工事例
  • さいたま市西区 Y様邸
    戸建てリノベーション
  • さいたま市北区 Y様邸
    戸建てリノベーション
  • 比企郡小川町 U様邸
    戸建てリノベーション
  • さいたま市北区 K様邸
    戸建てリノベーション
  • さいたま市北区 I様邸
    戸建てリノベーション
  • さいたま市北区 I様邸
    戸建てリノベーション
Pickup Item
おすすめリフォーム商品
スタッフブログ年別アーカイブ

おうちで気軽に学ぶリノベーション・
リフォームのワンポイント講座

店舗に行かなくても自宅で気軽に相談
土・日・祝日のご相談もOK!

各種リフォーム

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ