介護リフォーム・バリアフリーリフォーム

介護リフォーム・バリアフリーリフォームで改善できる快適なシニアのライフスタイル

介護と建築のプロフェッショナルが連携し、安心・安全で快適な暮らしをご提案致します。介護保険など資金計画もサポート致します。

少子高齢化社会の現代、バリアフリー住宅の需要は年々高まっています。近年では高齢者の方のみならず、将来を見据え高齢になる前にバリアフリーのリフォームを検討する方が増えています。バリアフリーの目的は高齢者や障害者の方が『自分の力で安心・安全の快適な生活環境で暮らす』ことです。そのためには、その対象となる方の家族構成や経済状況、健康状態、障害程度など取り巻く環境を考慮したうえでバリアフリーリフォームを検討する必要があります。無垢スタイルのリフォームでは、介護福祉士の資格を持ったコンサルタントが、専門家からの視点から介護・バリアフリーのリフォームをご提案いたします。

●こんなことでお困りではないですか?

  • ・退院に向けて従来の生活環境が不安・・・
  • ・母の物忘れが多く、ガスの消し忘れが怖い・・・
  • ・近くの実家で暮らす両親が老々介護で辛そう・・・
  • ・手すりをつけてもらったが場所を変えたい・・・
  • ・医療、介護、福祉施設のリフォームをお願いしたいがどこに頼めばいい分からない・・・
  • ・介護保険を利用してお得にリフォームしたい・・・

無垢スタイルのリフォームならではの介護・バリアフリーリフォーム

1、介護福祉士と建築士によるバリアフリー設計

それぞれ分野での経験豊富なプロが、介護福祉士からの視点と建築士からの視点からお客様とって最善となるご提案をいたします。

2、コンサルタントによる介護関連の助成金や減税のサポート

リフォームすることがお客様の生活に大きな負担にならないよう、介護関連の助成金や減税などに詳しいスタッフがあなたの助成金活用を最大限サポートいたします。

3、お引き渡し後も安心のアフターサービス

無垢スタイルのリフォームは完成後も安心していただくために、迅速に対応するアフターサービス専門のスタッフを設けております。

バリアフリーリフォームは介護保険・助成金が活用できます

介護保険の住宅改修で最大18万円支給

要介護・要支援の認定を受けている方がバリアフリー化の住宅改修を行う際に申請すると、リフォーム費用の内20万円が対象となり、最大18万円(90%)が支給されます。
なお、一回のリフォーム費用が20万円に満たない場合は、複数回に分けて支給を受けることができます。

自治体によっては最大30万円、自己負担もなくバリアフリー工事に活用できる助成金も

介護保険の財源を考えると介護が必要な方を増やさないためには、健康寿命を延ばす必要があります。介護予防の観点から、介護認定を受ける前のちょっと不安な方が活用できる住宅改修の助成金も多数始まっています。
各自治体、市区町村によって様々ですが、さいたま市では最大30万円が支給される制度があります。

バリアフリーリフォームの種類

その他のバリアフリーリフォームも承っております。お悩みの方はなんでもご相談ください。

介護リフォーム・バリアフリーリフォームの流れ

  • 1.ご相談
    お問い合わせフォームまたはお電話よりお問い合わせください。内容確認後、担当者よりご連絡させていただきます。また無料の訪問相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • 2.打ち合わせ
    お客様にとって最適のリフォームプランをご提案させていただくため、お客様宅にお伺いし、現在お住まいの状況等をご確認させていただきます。
  • 3.ご提案
    現在の状況、ご家族構成等を確認後、最適なリフォームプランのご提案と適用可能な保険・補助金・減税のご案内をさせていただきます。
  • 4.ご契約
    リフォーム工事の決定後、補助金制度の申請、実施計画等を打ち合わせていただきます。
  • 5.施工・工事
    速やかに作業を完了させ、快適な生活環境をご提供します。
  • 6.完成
    完成後のアフターサポートもしっかり行います。安心してご依頼下さい。

リノベ・リフォーム祭 in アリオ上尾

各種リフォーム

ムクスタのリノベーションの施工事例

中古を買ってリノベをサポートします

お得な商品が満載の地域限定チラシを公開

無料耐震診断を実施中です

リフォームの様々な疑問にお答えします

対応エリアの詳細はこちらをご覧下さい

無垢スタイルは木耐協に加盟しています

リフォームプランナー募集中

新築・注文住宅は無垢スタイルへ

不動産売買はムクエステートへ

資料請求、お問い合わせ 訪問相談